2023お正月 後編

常磐自動車道を走るのはもう何年ぶりだろうか?。10年は走っていないのではないかと思う。ましてや大洗町へ向かう北関東自動車道なんて、20年以上走ったことないのではないだろうか。

その懐かしの常磐自動車道は、元旦の午前中だっていうのにそこそこの交通量があるではないか。今回大洗方面にしたのは、近いから千葉の九十九里方面が無難だったが、千葉方面って混雑するイメージが強いし、混雑するってことはコロナの第8派の感染の危険もあるので、茨城までなんて誰も行かねーだろ・・・で、大洗にしたのですが、すでに嫌な予感(笑)。私にはあるあるです。

水戸大洗ICを降りて、今回の目的地はこちら

11:00ごろに到着しました。館内に入ってみると、うへぇー・・・そこそこ混んでいる。ご利用は平日はお一人様900円ですが、土日祝と特別営業日は1100円で、1100円でした。

泉質は画像の通りで、歴史のある自噴している温泉ではないが、無色透明ではありますが海水のような塩系のお湯で、お湯としてはなかなかいいお湯だと思いました。お湯だけはね。施設もキレイなので、ご利用料金が田舎にしては高いと思うけど悪くはないと思う。ですが、元旦だからかもしれないが、一般的には温泉といったら年配者が多いのだが年配者はほとんどおらず、利用客はやたら若者が多い。中には中高年もいたが、なんだかアニメのキャラクターのTシャツを着ている。悪いが二度見してしまった。

どうやら大洗の今は、このアニメの聖地となっている模様です。

おっさんの私はその存在を全く知らない(笑)。そして申し訳ないが興味もない。内容は「戦車同士の模擬戦が伝統的な女性向けの武道として競技化され、戦車道と呼ばれて華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとして認知されている世界を舞台に、戦車戦の全国大会で優勝を目指す女子高生たちの奮闘を描くオリジナルアニメ」だそうだ。私にはどこが面白そうなのか・・・それさえもわからない世界みたいです(笑)。

そのアニメが好きだからといって、元旦からその聖地巡礼とかする?普通。多様性を認めないほど頭は固くないが、元旦に野郎が集まってアニメの聖地巡礼はどうなの。さすがに元旦はないだろう。で、集まって温泉もないだろう。もっと現実の生活や生活行事を楽しんだらどうだろうか。余計なお世話だと思うが(笑)。

大洗のフェリー乗り場付近にお魚センターみたいなところがあったが、けっこうな人出でしたので、父が母と一緒に行ったこともあるこちらに寄ってみました。

さか天パークさんです。水戸大洗ICのそばにあり、温泉に行く前に営業しているのを確認済みです。でもさ、元旦から営業って・・・お疲れ様です。珍しい食材があれば買っていこうと思いましたが、大洗で水揚げされたものは少なく、しかもかなり高い。私は大分で美味しい魚を食べているので、申し訳ないが購入する気にはなれないんだよなぁ。

ということで、R51の海沿いを走り、R354に出て土浦北ICから高速に乗って帰りました。この企画はちょっと残念だったかも。もっと下調べをすればよかった。

茨城の大洗から見る海の景色は、普段大分で見る景色とはずいぶん違いますね。同じ海なのに不思議なものです。

最終日の2日は朝ごはんに、私が作ったお味噌汁と焼きもちをいただきました。味噌汁は特別なものを使っていないこともあって、まあまあの出来でしたね。名残惜しいですが、私は4日は有給を取っていますが、妻は4日から出勤ですので、この朝食後に別府へ向けて旅立ちました。

父は元気そうには見えましたが、85歳と高齢であり残された時間も少ない。私は別府へ来るように促していて、本人もそれを了承していたのですが・・・私に遠慮している節が垣間見れる。しかし、このままにしておくわけにもいかない。いずれ終わりがくるのだから。今回の帰省も、父にお料理を作ったり、一緒にお酒を飲んだりして、そばで暮らしたくなるようにしたつもりだったが・・・もう少し時間が必要に感じました。それは、私の母に対する態度もあったかもね。それと、自分だけ私のところに行くのに抵抗があるのかもしれない。親子とはいえ・・・こういうのって難しいですな(笑)。

それでは帰るよ。サンバー君。朝の8:00に実家を出発し

首都高をゴイゴイブッ飛ばし、その勢いで乗って東名高速に入って、本日の宿泊地の京都を目指ししたが

昨年同様で厚木ICの手前で約7㎞、その後大井松田ICの先から御殿場ICまで約7㎞渋滞にはまりました。御殿場の出口渋滞はアウトレットへ行くためのものと予想されます。昨年は左車線のみの渋滞でしたが今年は3車線とも渋滞しました。確かコロナの第8波が・・・(笑)。

そこからは順調に流れました。私はサンバー君だから新東名は景色が単調でつまらないので、旧東名高速をひたすら走りました。東名高速→伊勢湾岸自動車道→新名神高速→京滋バイパスの宇治東ICで降りて、RVパークに行く前に温泉に入ります。

16:00ぐらいに到着しました。ですが、なんと駐車場に入るのに並んでいますよ(笑)。マジか。妻はすぐに違うところを探し始めましたが、私はどこへ行っても泉質は期待できないし、他に行っても同じく混んでいる可能性が高いし、ここまでの運転にも疲れていたので素直に並びました。ご利用はお一人様1000円とお高い。スーパー銭湯だから仕方ないな。

泉質は、ナトリウム・カルシウム―塩化物泉ってことになっているが、無色透明で無味無臭の予想通りの特徴のないお湯ですね。それにしても混んでいましたね。私も東京で暮らしていたときは、こういう中に紛れて浸かっておりましたが、田舎暮らしももう長いのでうんざりでした。キレイな施設で、いろんなお風呂や、こだわったサウナがあったり、いろんな食事やマッサージなんかあるのだろうけど・・・私は良い泉質のお湯があればそれでいい。あれ?知らぬ間にマニア的な意見になってますな(笑)。

車中泊はRVパーク 京都南 鴨川RVサイトにしました。実家と別府のちょうど中間地点ではないでしょうか。

こちらのRVパーク 京都南 鴨川RVサイトは、京都南ICのそばにあり市街地の中にあります。だからか、利用料金は結果として少しお高め。私は予約したのですが、予約するにはの手数料が必要で14時間の予約で560円。電源の使用は1時間100円で10時間使ったので1000円。サイトの使用料は入庫後30分以降30分ごと/100円(24時間最大3000円)で2200円使用しました。合計3760円です。犬山ローレライ麦酒館のRVパークが電源込みで2200円でしたからやっぱりお高いよね。これに温泉の料金を入れれば5760円だから、安いビジネスホテルと変わらないかも(笑)。安いビジネスホテルはたいてい温泉はないけど。

それでも私は、道の駅や高速道路のSAなどでの車中泊をやらないことにしました。私は出発が朝早いので、高速道路のSA等で車中泊しているクルマを多数見かけますが、これだけ車中泊が増えてしまうとやはり通常利用の人にとっては迷惑だよ。駐車場がほぼ埋まっている。しかも、SA等で車中泊している人は、一晩中アイドリングしているクルマが多いと思う。クルマにも悪いし、温室効果ガスで地球温暖化になっているの知っているのかな。

それから、これだけ流行ると犯罪に巻き込まれる可能性もあるのではないだろうか。諸外国では高速のSA等での車中泊なんて自殺行為に近いらしいので。日本人って警察を信頼している人も多いけど、警察は事件が多数発生し社会問題にならないとパトロールなんてしないよ。

有料になるけどもRVパークは安全で快適です。隣との間隔も広いし、今のところマナーのある人たちしか利用しないので。ちなみに利用者のほとんどが本格的なキャンピングカーで、軽バンで来ているのは私だけですが(笑)。

ティニーのいない車中泊はやはり寂しいのですが、それでもスーパーで私たちの好きなものだけ買って、食べたり飲んだりできるし、キャンプみたいでやっぱりこれはこれで楽しい。強いていうなら、暖かいものが食べたいので電子レンジが欲しいなぁ(笑)。電源もあるわけだし。ちなみに、電気毛布があるから、暖房なしの夜でもそんなに寒くありませんでした。やっぱり冬の車中泊には電気毛布は必須ですな。あるとないでは大違いです。もちろんこの電気毛布は普段家でも使っています(笑)。

3日の朝も5:00起床で5:30くらいに出発します。RVパークで一番気兼ねするのは、暖機運転ができないこと(笑)。冬は、結露もあるし、フロントガラスも曇るから本当は暖機をしたいところだけど、周りはまだ寝ていますから。

京都南ICから名神高速道路→中国自動車道→阪神高速7号→神戸淡路鳴門自動車道で、昨年も入った徳島のあいあい温泉を目指していたのですが、サイトを確認すると、あれ?なんだか休業中・・・というよりも閉館しているといってもいい状況みたいです。ガーン!残念だなぁ。いいお湯だったのに。コロナの影響だろうか。今となれば、誰だよこんなに騒ぎ立てての。ファイザー社の陰謀か(笑)。

なので、違う温泉を探して、こちらで朝風呂にしました。

八万温泉さんです。9:00ごろ到着しました。ご利用はお一人様600円となっています。お値段はお安めになっていますが、ボディソープやシャンプーはありませんのでお気を付けください。

泉質は、メタケイ酸含有冷鉱泉で美人の湯と書いてあったが、無色透明の無味無臭で特徴があまりないお湯でした。しかし私は、街のスーパー銭湯系と違ってホッとしてしまいます。お湯は普通でも、ゆっくり入れてリラックスできる。私にとってこの差は大きい。徳島での温泉は、関西を抜けて一息入れる朝風呂だったから、私にとっては大事な休憩スポットでした。あいあい温泉は悔やまれるなぁ。また、違うの探しておきましょう。

10:00に温泉を出発し、帰りのフェリーは16:30の予約ですので余裕だと思っていたら、普通に走ってもフェリー乗り場の三崎港には15:40だった。えっ?余裕?そうかもしれませんが、行きのフェリーで往復分のチケットを購入しているのですが、そのチケットに30分前に到着していなければ無効と書いてあったのですよ。本当のところはわかりませんが。途中から気持ちが少々焦りました。

昨年もそうでしたが、お正月の九四フェリーは大変な混雑で、予約を逃がしたらいつ乗れるのかわかったものではない(笑)。ここまで来て、しまなみ海道まで戻って陸路で帰るのはつらすぎると思いませんか(笑)。

佐賀関港には17:40に到着し、長く家を空けたので食材は何もないため、途中でスーパーに寄り、19:30には無事帰宅しました。

29日から3日までの5泊6日のサンバー旅でした。今回のサンバーの走行距離は約2500㎞(笑)。またオイル交換だよ。今回は単なる帰省以外だけではなく、企画がてんこ盛りでなかなかおもしろい旅となりました。父との課題は残ったままではあるが、とりあえず帰省してよかったと思っています。4月か5月ごろにまた帰省するとします。

私はサンバー君だから左車線を90~100㎞/hで流しているのですが、それでもこの長旅で危ないドライバーに何度か遭遇した。例えば、高速道路の合流するところで、右車線から左車線に入り前のクルマを抜かしていく輩。それも私が右ウインカーを出しながら合流するときに。その他にもスマホでも見ているのか、渋滞でいきなり急ブレーキをかける輩。

今の日本では譲り合いという精神はなくなったのだろうか。自分さえ良ければいい、やった者勝ち、バレなければ良い・・・そういう考え方が蔓延しているのではないだろうか。一歩間違えれば、過失を問われ、いままで積み上げた物を全てを失うような機械を操作しているのに・・・だ。自分だけは大丈夫は、高齢者の事故と同じ発想ですよ。よく自覚して運転してほしい・・・とつくづくと感じました。

ティニーもいないし、もうサンバーでなくてもいいかな?と思っていましたが、今回の旅で再び車中泊は楽しいことが確認できてよかった。夏はバイク、冬は車中泊が最高ですな。

サンバー君、まだまだ走るよ。次はどこにしよう(笑)。

投稿を作成しました 176

2023お正月 後編」への4件のフィードバック

  1. お疲れ様でした。
    お父様の件はこれからが現実ですね。私の父は他界しましたが母は健在ですので逃げも隠れもせずに受け止めるつもりです。
    さて今回の話題も面白かったんですが実は中編のコメントの7年説に引っかかってます。
    だってドゥービルもRX-8も7年だったんですよ。これは興味深いですね。で、今から7年後となると私67歳ですぜ? びっくりです。いや、当然なんですが7年後のじじいになってもこうやってしつこくお邪魔しようと思ってますぜ?
    ヒヒッ。

    1. 若いころは人の死についてどこか他人事のように思えましたが、人生を折り返し自分の老後がちらほら見えてくると受け止め方が違うのですよね。父にもお世話になったし、最後は私が見送ってあげようと考えています。
      7年説・・・でも、たまさんは今もストツイに乗っているし、クルマもスイスポだから、あんまり変わっていないような(笑)。
      そんな私は、Vストのカスタムを手掛けよう・・・なんて言っていましたが、一向に進んでいません。その理由は、第一が「やっぱりさ、投資しても大差ないじゃん」があり、続いて老後が見えてきたので「年齢的にバイクに乗れる時間も少なくなってきている」があるのです。
      それは、Vストが悪いわけではなく、Vストに長く乗ると、その次はたまさんのLY系のバイクになってしまう可能性が高いのではないだろうか。最後のビックバイクがV7でいいのか?それでいいのか・・・問題です。
      これかなり悩ましい。
      あれ?なんの話でしたっけ。7年後もお互い元気で現役ライダー(原二ライダーだと思うけど)でいられるよう、トランス脂肪酸の摂取を避け、筋トレに励みましょう(笑)。

  2. TOMOZO さん。大晦日に父95歳がなくなりました。
    年始のご挨拶遠慮しています。
    父の介護が7年母はそれ以前からでしたので長かったです。
     お父さんの件。是非とも別府に来ていただいてください。
    大変でしょうけど。
    今も葬儀の後始末続いてます。嗚呼、確定申告も。
    しばらく大変。
    でもうちに誰もいないので別府お邪魔できます。
    大分の友人の墓参りも行きましょう。
    ご健勝にお過ごしください。

    1. ひでりんさん。お父様のご冥福をお祈り申し上げます。95歳という年齢からも「天寿を全うした」と考えてもよろしいかと思います。
      私には、ひでりんさんのような介護は間違えなくできないと思います。思いますが、母とは確執がありましたが、父とは同じライダーでもあり、友人のような関係でしたので、介護はできないと思うし、最後は施設のお世話になると思いますが、近くで暮らしてあげたい気持ちはあるので、しばらくは通って様子を見ながら話を進めようと考えています。

      別府へお越しの際には、ぜひ声をかけてください。お会いできれば幸いです。

      ちなみに、確定申告は2月15日から3月15日の受付なので、まだまだ時間がございます。ご安心ください(笑)。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る