2023お正月 前編

「家族などの近しい人が亡くなった際に、故人を偲ぶ期間が喪中です。この間には、結婚式などの慶事を執り行うことや出席、祝い事を催すのを控えて故人の冥福を祈りながらつつしんだ生活を送るのが慣わしです。この喪中の期間でのふるまいが喪に服すです」ということで、2023年のお正月は私は喪中となりますが、父の暮らしぶりも確認したいし、ティニーの追悼の旅にもしたいので諏訪経由で帰省することにしました。

28日まで仕事でしたので、仕事が終わってから支度を始め、29日の朝の7:00発の九四フェリーに乗って実家へ・・・いや、とりあえず思い出のつまった八ヶ岳に向けて走ります。

えっ?またサンバーで行くの?・・・フフフ、そうですよ。しかも車中泊で向かいます。その理由はティニーの追悼の旅ですから。ちなみに追悼とは「誰かが亡くなったときにその死を悲しみ、故人の生前を思い出して偲ぶという意味合いがあります」ということです。

今夜の宿泊先は愛知県にあるRVパーク犬山ローレライ麦酒館で、別府からはなんと679㎞もあります。

8:10にフェリーは三崎港に着岸し、そこからサンバー君で激走します。伊予ICから松山道に入り、ランチは昨年と同じこちらでいただきました。

入野PA内のいりの亭さんです。オーダーも昨年と同じこちら

真鯛の漬け丼にしました。昨年激ウマでしたから。やっぱり何度食べても美味しいです。ですが、昨年は1000円で、それでも高いと思いましたが、値上りしていて1380円となっていました。ウクライナの影響なのか?あんまり関係ないような気もしますが。しかも10%以上ですよ。美味しいけど1380円ならもう頼まないと思います。頼んでいるけどね(笑)。

13:10には淡路島に入り

14:15には、兵庫県に突入しました。

東京へ向かうには新名神から伊勢湾岸道に向かうのですが、今回は諏訪方面に向かうため中央道に乗るので、懐かしい東名高速をひた走り、RVパークへ行く前に松竹温泉 天風の湯に入るため、東海北陸自動車道に入って一宮木曽川ICで降りました。

温泉には17:30の到着です。デカいアピタ(江南西店)の隣にありました。駐車場が満車だったので、すでになんか嫌な予感(笑)。

ご利用はお一人様平日は900円ですが、29日は平日なのに土日祝料金の1000円でした。やっぱり嫌な感じ(笑)。施設内はかなり「うへぇー」な混雑ぶりでカオスな状態でした。確か世の中ではコロナの第8波で盛り上がっていたと思うけど(笑)。もういいのかな。それならもうマスクも終わりにしてくれよ。

お風呂も洗い場がないほどの混雑ぶり。泉質は画像の通りならしいけど、私的には普通のお湯。無味無臭の無色透明の塩素臭も漂う・・・なんの特徴もありませんな。いわゆるスーパー銭湯ですな。クソなガキがうるさいし、感染したくないので私は早々に上がりました。たぶん、二度と行かないと思います。遠いから当たり前ですが(笑)。

19:00にはRVパークに到着しました。こちらのRVパークは、犬山ローレライ麦酒館に併設されたRVパークで、麦酒館のビアホールでクラフトビールを飲んだ後に車中泊することができます。

私にこれほどピッタリくるRVパークはないだろう・・・と思うくらい素晴らしいRVパークです(笑)。

私は最近クラフトビールに凝っているのですが、こちらのビールは何飲んでも美味しい。ハズレはありませんよ。

特にこの日のスペシャルビールだった、IPA(インディア・ペールエール)はとても美味しい。無料なら20杯は飲める自信がある(笑)。

ビールが美味しいので、おつまみはもう一つ頑張ってほしいところ。

八丁味噌の柔らか牛すじどて煮は名古屋の味って感じで美味しかったけど、ビアホール的なメニューのサラダやソーセージはごく一般的。でも☆は5つ。ビアホールはビールがすべてなので(笑)。

さて今回は冬の車中泊。いままでの経験上、極寒が予想できます。で、今回は対策をして車中泊に臨みました。

まずはRVパークだからこそできる電源を使っての電気毛布を使用です。

その上にシュラフを使えば全く寒くありません。寝るだけなら。電気毛布は素晴らしい(笑)。

そして次に、窓から型を取り断熱シートを加工しました。

これ、作るのかなり面倒くさいです。TV型サンバー専用のサンシェードも販売されておりますが、これの値段が馬鹿げています。3万円近くするのですよ。私はその効果も微妙ではないか?・・・と疑っている。おそらくそのシェードを使ったとしても、その差はプラス2~3℃ではないだろうか。外気温1℃だったとして車内温度は2~3℃。こんなもので車内温度が5℃になる・・・とは考えにくい。でも試してみたい気もする。それなら仕方ない製作するか・・・で、作ってみました。その効果は、やはりないよりかはマシかも・・・って感じかな。寒いものはやっぱり寒い。製作費用は私の工賃を除けば5000円弱。やっぱり買わなくてよかった(笑)。

30日は朝の5:00にRVパークを出発し、小牧東ICから中央道に入り、下諏訪の温泉に向けて走りました。朝の気温は確認していませんが、おそらく0℃は下回っていたと思います。朝の中央道は凍結している可能性もあり、ちょっとだけ緊張しました(笑)。

サンバー君のタイヤはトーヨータイヤのオープンカントリー。一応M+Sタイヤだから冬タイヤ規制もクリアしています。その効果はサマータイヤよりはマシ程度だと思いますが(笑)。一応私のサンバー君は4WD(ビスカス式ではない直結四駆)なので、仮に雪が降ったとしてもなんとかなると考えていたが、念のため今回のために金属チェーンを購入し携帯しています。ちなみに私は八ヶ岳時代に雪道を多種多様なクルマでたくさん走ったが、スタッドレスタイヤはTVのCMのような魔法のタイヤではないと考えている。私はそのクルマのトラクション性能が走行に大きく影響すると考えています。

いやいやブレーキングで差が出るでしょ・・・これ言う人が多いよね。スタッドレスタイヤでスケートリンクのようなアイスバーンをブレーキングしてから言って欲しいね。現実の路面では、それなりのテクニックがないとTVのCMのようには止まれないのだ。安全第一なら、凍ってそうな山の中には行かないこと。で、凍っている路面やある程度の積雪のある路面ではチェーンの装着です。そうでなければ、いままで無かったチェーン規制なんてものができるはずないでしょ。何度も言うが、スタッドレスタイヤは魔法のタイヤではない。

下諏訪ではこちらの温泉に立ち寄りました。

湖畔の湯さんです。長いこと諏訪で仕事をしていましたが、ここに入るのは初めてです。ご利用はお一人様280円と激安です。共同湯のような役割ではないでしょうか。写真は湯上りの時撮影しましたが、妻が熱い視線を感じて、赤いスバルのクルマのナンバーを見るとなんと福岡ナンバー。こんなところで(笑)。というか、彼も大分ナンバーのサンバーにはさぞ驚いたことであろう(笑)。

泉質は単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)で、無味無臭の無色透明ですが下諏訪の温泉らしさのある良いお湯です。ボディソープやシャンプーなどはありませんが、この手の施設にしてはシャワーがあるし、浴槽も広いし、施設もキレイだし、おすすめの温泉です。私は街にあるスーパー銭湯的な温泉より、やっぱりこういう施設のがホッとしますなぁ。あれ?・・・いつの間にやらマニア的な意見になってしまいました(笑)。

久しぶりに諏訪湖を拝見いたしました。いやー懐かしいなぁ。

私が移住した後に上諏訪の駅前にできた

こちらのスーパーで年越し蕎麦を購入します。私はツルヤさんオリジナルの信州蕎麦が好きなので。懐かしいR20を山梨方面に向かい

いよいよ思い出深いエリアに入ります。

うおぉぉ!・・・な、な、懐かしい。この景色。懐かしいよな・・・ティニー。いいところだったよなぁ。でも現実には冬は極寒でスゲー寒いし、夏は虫も多いから苦手なところもあったのだけど・・・そこそこ思い出補正が入っていますなぁ(笑)。

ティニーとの生活の始まりは八ヶ岳だった。8年間が八ヶ岳。残りの4年間が別府でした。この後に私たちが10年間暮らした家も拝見しました。新たなオーナーは、いろいろなところに手を入れてステキな家に変わっていました。楽しいだけではなかったのだけど、ティニーとの思い出のつまった八ヶ岳での生活は、やはり私の人生の中で大事な10年間だった・・・と、しみじみと振り返ることができました。

実家に行くには遠回りだったが・・・本当に来てよかった。妻ともティニーとの思い出話に花が咲いたし。ここに来たことが、ティニーへの追悼になったと思います。

長くなったので、中編に続きます。

投稿を作成しました 176

2023お正月 前編」への2件のフィードバック

  1. そうなんですよ。思い出補正あります。里帰りする度に「いいとこだな~」って感動するんですがそれは景色だけ。生活は別なんですよね。
    長くなったので後編に・・・と思ったら中編でした。待ってますよ~。

    1. 確かに景色はいいんですよね(笑)。思い出の八ヶ岳の生活も、思い返せば楽しいばかりではなかった・・・なかったなぁ(笑)。バイクも冬にはまったく乗れないしね。
      今回の帰省とティニーの追悼企画は、いつもの行って帰ってくるだけではなかったので、長くなってしまいました。飽きずに付き合ってくださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る