車中泊 IN 角島 前編

私の旅やツーリングって、B級的なグルメと温泉を楽しむことをテーマとしています。両方ともコロナ感染の可能性を示唆しているので、私としては躊躇しており、人との接触が少ないとはいえ・・・それでも車中泊での旅行も自粛しておりました。しかし、報道とは恐ろしいもので、第一波のときから現在に至るまで、ワクチン以外に(それもあまり効果が期待できない)特段優れた薬ができたわけでもないのに、もうコロナは終息という流れをつくり始めました。だったら初めから騒ぐなよ・・・と思うのは私だけなのだろうか。

このクソみたいなマスコミの報道や、どんなことよりも経済活動が最優先の日本政府を信用できないので、私はワクチンも接種していません。このワクチンも、当初は「ワクチン打てば安心だ」を声を大にして報道していたが、そのうち接種者が感染してしまうと「ワクチンは重症化を防ぐもの」に変わり、挙句の果てにはオミクロン株には普通に感染するという素晴らしいもの。さすがMade in America。そしてこのワクチン・・・我らの税金ですよ(笑)。インフルエンザのワクチンと同様に、金払って打たせろよ・・・と私は思う。

もう対策のネタもつきたし、コロナ問題にはどうやら先が見えないから、ウクライナの問題を大きく報道して話題をすり替え、もうコロナはもういいじゃないの、もう忘れてさ、さぁGo to travel(笑)。で、感染者数のカウントも、当初から怪しいが、さらにテキトーな感じとなって「個々人で感染しないように頑張ってね」になってしまった。だったら初めからそれでいいじゃないか・・・と思うのは私だけなのだろうか(笑)。本当に税金の無駄遣いだよ。こんなクソみたいなことに使う税金なんて1円たりとも払いたくねーよ・・・そもそも低所得者なので、言うほど払っておりませんけど(笑)。

ゴールデンウィークは、前半の3連休に広島までTMAXでも見に行くかな?と思っていたのですが、高齢のティニー(愛犬)が体調不良のため、見送りました。これはティニーが「それ、止めた方がいいぜ」と言っているのかな?(笑)。私はバイクを見に行かないなら、コロナもあるので家で引きこもっていてもよかったのですが、妻が「どっか行こうぜ」とうるさいので、それなら「角島でも・・・」ということになりました。

なぜ角島にしたか?といいますと、我が家からそんなに遠くないし、今年のゴールデンウィークは有給休暇を使えば長い連休になるので、軽井沢とか、八ヶ岳とか、富士山とか、あるいは北海道とか、九州とか・・・これらと比べれば、中国地方の、ましてや山口県なんて行かないっしょ(笑)。普通は。

というわけで、5月3日の6:00に出発し、一路長門の道の駅センザキッチンに向かいました。

地図は全て高速道路を使っていますが、私は節約のため椎田南ICから下関ICのみ利用しました。宇佐の山の中をブッ飛ばし、R10のバイパスもゴイゴイ飛ばしたので、たぶんサンバーでは30分も変わらないと思います。高速道路でもオンタイム90㎞/hですから。

9:10には関門橋を渡って久々に九州を離れます。下関ICで降りて県道34号を走りましたが、やっぱり道路が空いていますよ。だよねー山口県に行くにしても萩とかでしょ。長門なんてガラガラだよ・・・と思いましたが、10:30に道の駅センザキッチンに到着したら

えっ、えっー、駐車場が満車で臨時駐車場に回されました。誰だよ、ガラガラとか言ってたの(笑)。今日はここで車中泊を予定していましたが、これは止めておきます。

それにしても、皆さんそんなにもどこかへ行きたいんですね。私なんてコロナのおかげで、むしろインドア派に戻った気がしますよ。えっ?と思う方もいると思いますが、私の幼少期は、外で誰かと遊ぶとか、親がやれっていうので嫌々やっていた野球より、家でテレビや本や漫画を読んでいる方が好きでしたので。

遊覧船もものすごーく混みあっていましたよ。あれじゃ密になっているだろ。

もうコロナは過去のものになっておりますな(笑)。いまだにテレビの影響ってあるのですね。コロナで倒産してしまった会社は、これが本当の風評被害だよね。

こちらに来たお目当ては、こちら

ひだまり さんです。メニューがそそるのですよ。

時間は10:40なのに、すでに2組待ちですよ。10:40ですよ。誰だよ、空いているって言ったの(笑)。結局、食事にありつけたのは11:20でした。オーダーはこちら

よあけ(フライ定食)と

ひので(ひもの定食)にしました。安いもの2つで申し訳ありません。そのお味ですが、これ・・・ものすごく激ウマ。ちなみに私はサバなんて、普段食卓に出てきたら不機嫌になるくらい食べないのですが・・・う、美味い。悔しいが、そう言わざるを得ない(笑)。要するに、いままで美味い魚を食べてこなかったから嫌いだったみたいです。アジも地元の「瀬つきアジ」なのですが、これがまた、う、美味すぎる(笑)。ものすご-くフワフワなのですよ。東京で食べるアジフライと同じアジだとは思えませんな。もちろん☆5つ。ここまで来て食べる価値があると思う。大分でもこんなに美味しい魚は食べれない・・・食べれないと思うなぁ。首都圏からはちょっと遠いけど(笑)。

せっかくここまで来たので、青海島にも行ってみました。青海島は一周できるような道にはなっていなく、観光スポットには歩いていくみたいですね。で、こちらに寄ってみました。

青海島ダイビングセンターの有料駐車場に停めて

海上アルプスまで歩きました。

これは想像したより絶景でした。

往復で1.4㎞ぐらいです。高齢のティニーが心配でしたが・・・あれ?思ったより元気です。やっぱりTMAXは止めておけ・・・そういうことかな(笑)。

続いて山口県の観光スポットでは定番の、元乃隅神社に行ってみよう・・・と思いましたが、駐車場は臨時駐車場に回され、人出が多く、ティニーは海上アルプスでお疲れ気味だし、だからと言って日陰がないのでクルマに残していくのは心配・・・で止めました。どちらにしても少しでも密になるのは避けているので、これでいいんです。

特別標高が高いところではないのですが、つづら折りの急勾配が続く道が多く、スピードが出ないからか、サンバーから軽いノッキング音が出ました。スバルさん・・・これ、どうなの。まぁラジオをつけていたら気にならない程度なのですが。水温計がないからわからないけど、たぶん水温上昇によるノッキングではないかな。なぜなら、スピードが出る湯布院までの登り坂なら、多少はあるもののここまでは出ないので。たぶんサンバーは冷却効率が悪い・・・ということは、設計に問題がある、いや設計に無理があるのだろう(ECUがクソの可能性もある)。

スバル製造のサンバーを過剰評価する人もおりますが、私は利便性や走りは評価するに値すると思うけど、工業製品としての品質を考えると、出来が悪い・・・ですね。これはスズキやダイハツのが品質が高い。なぜなら、JB23のジムニーや過去のセカンドカーだったダイハツのネイキッドは(両方とも5MT)、どんなにブチ回してもノッキングなんてしないから。そして軽バンなら、ホンダのN-VANが一番ではないだろうか。乗ったことないけど。ホンダ党なので(笑)。私はスバリストにはなれないね。二度とスバルのクルマを購入することはないと思う。

なので、ラリーコースのような急勾配のつづら折りの道は、6000~7000rpmまで回して走るのはヒート気味になるので、3速5000rpmで50㎞/hくらいでのんびり走るのが無難です。チェッ・・・とは思いますが、それでも下りや中速域のコーナーは最高なのでOKとしよう(笑)。

元乃隅神社は止めましたが、近くの千畳敷に行ってみました。

ここはキャンプ場でもあって、たくさんのテントが張ってありましたが・・・いくらアウトドアだとはいえ、かなり至近距離でのキャンプではないかな。しかも、飲んだり食ったりするわけだよね。ここもコロナは終わっているらしいですね(笑)。

私たちの車中泊の旅は、マスクを外した人との至近距離の接触はほぼないのですが、避けて通れないのが温泉です。一日入らなくても死にはしないのですが、そこは温泉好きなのでなんとかしたいわけですよ。で、今回は600年の歴史のある長門湯本温泉に入りたいのです。長門湯本温泉には日帰り施設もありますが、予想を裏切り山口県でも人出が多いので、私はリスクヘッジをとりました。そこで、旅館の日帰りを選択いたしました。

で、こちらの旅館にいたしました。ホテル長門はらだ さんです。理由はお一人様700円で、他の旅館より安かったから(笑)。高級旅館は1200円でしたので。3:30にお邪魔して4:20には上がれば宿泊客ともかぶらないだろう・・・用意周到で入りました(笑)。案の定、私たちのほかに利用客は1組の家族連れのみでした。

泉質はアルカリ性単純温泉で、無色透明で無味無臭ですが、ヌルスベ系の素晴らしいお湯でした。経験上、歴史のある温泉のほとんどが素晴らしいお湯だと思います。源泉かけ流しかどうかは不明ですが、たぶんかけ流しではないのかなと思います。私は温泉好きではありますが、マニアではないので、それほどかけ流しにこだわっておりません。むしろ、ある程度の利用客がいるなら、消毒した方が衛生的とも思うくらいですから。

この辺で、後編に続きます。

投稿を作成しました 164

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る