V7からの乗り換えを決意 2 

250でいいかな?と思い、レブルの他にも考えてみたのですが、250でタンデムすることも視野に入れると、妥当なのはスクーターぐらいなんですよね。スクーターを毛嫌いするライダーもおりますが、私は過去にスカイウェイブ400に乗っていたので嫌いではないのです。そもそもリターンするきっかけは、ビックスクーターに乗りたかったからなので。乗っていたのは

たぶんこれだったと思います。当時は高給取り(笑)だったので、新車で深く考えずに購入しました。都内在住の頃で、荷物もたくさん積めるし、気軽に乗り出すことができて、今振り返ってみても、ものすごーく便利でした。私程度のライディングならスクーターでも何ら問題ありません。いや、むしろスクーターが向いている(笑)。ですが、そうなんだけど、このスカイウェイブは・・・死ぬほど遅く感じました(笑)。おまけにエンジンブレーキ(以後エンブレで)が効かないので、下りのコーナーがブレーキオンリーでなんとも乗りにくい。

そんな理由から、スクーターはちょっと嫌・・・と考えていたのですが、ホンダのフォルツァにはMTモード(ホンダSマチック)があったのですね。これ調べてみると、これがなんでもよく壊れるそうで、特に初期のMF08型は止めた方がいい・・・といわれているぐらいです。ホンダSマチックは、電子制御でMTのギミックを作り出すのですが、MF10型以降はなぜか消滅している(笑)。ちなみに、スカイウェイブ650のMTモードもかなり故障率が高いらしい。クルマのようにはいかないらしいですな。

250スクーターでギミックなしは、スカイウェイブ思い出すし・・・タンデムを考えると、やっぱり大型バイクのパワーは要ると思う。それもあるのだけれど、250ってなんだかサンバーとかぶるのよね(笑)。サンバーは軽自動車だろ・・・と思うでしょうが、私の中では車中泊できるバイクですから。

では改めて本当に乗りたい大型バイクはないの?・・・と聞かれると、挙げるならこれしかありません。

カワサキのZ1Rで、このカタログのそのまんまが欲しい。色もこのライトブルーで、ノーマルで、コンデションが極上品で・・・現在だと400万円コースのお値段がつきます。皆さん、出せますか?400万円(笑)。いくらステキなデザインだなぁと思っても、いくらなんでも高すぎる・・・と思う。しかも、エンジンやキャブレターの内部まで見て買うわけではないから、極上品を見極めるだってかなりの至難の業。400万円もするのに・・・ですよ(笑)。おまけに新車でも怪しいカワサキ製のバイクですよ。

仮に買っても(全然買えないけど)気軽には乗れないし、盗難される可能性もランクル並みに高いし、しかも外車同様で信じられない箇所が故障しそうで、メンテナンスもめんどくさそう(笑)。私の年収が2000万円は超えないと買う気がしませんね。もちろんその可能性は200%無理ですが。あー宝くじのBIGでも当たれば・・・同じことを誰かも言っていましたね(笑)。そもそも私は宝くじを買いませんし、仮に当たったとしても、私はランチア デルタインテグラーレを買います(笑)。

ネットの情報ではありますが、Z1Rって意外にも走りが残念ならしく、後に改良版のZ1RⅡが出ているのですよ。私はこのデザインだけで十分だから、それでもZ1Rがいいですが。ちなみにZ1RⅡは600万円コース。ろ、ろ、ろ、600万円ですよ・・・トヨタのハリアー買えるんじゃないの。もはや笑うしかありませんな。今や旧車はバイクに限らず、クルマもすごいことになってますよ。私が乗っていたRX-7のspirit Rなんて今や1000万円を超えていますから。この現状をメーカーはどう見ているのでしょうかね。

ということでZ1R以外でとなると、もうないなぁと思いましたが、他にも乗ってみたい大型バイクがあったのを思い出しました。それはなんのバイクといいますと、ハーレーのエボリューションエンジン(以後エボ)を積んだバイクです。1984年~1999年のハーレーですね。理由ですか?これは私の持論ですが、ハーレーのバイクが大きく変化したのは、エボからツインカムエンジンになったことではないかと思っています。なにが変わったかというと、カムが二つに(そのまんま)、それからここがポイントでフライホイールが軽量化されてしまったのです。

その理由は、確かアメリカのフリーウェイの速度規制が変わって、それに対応するために高回転までブチ回す必要になったからで、そんな背景で考案されたのがツインカムエンジンだったはず。ハーレー社はそれまで頑なに重いフライホイールを採用してきました。では、なぜハーレー社はクソ重いフライホイールを使ってきたかというと、伝統である蹴り上げるような鬼トルクと、心地よい振動ではないだろうか。しかもエボは、燃料の希薄に悩むことのない漢のキャブレターです(笑)。

ハーレーマニアに人気のあるショベルヘッド(エボの前のエンジン)の流れを、エボまでは引き継いでいる・・・私はそう思っています。それでいて、ショベルヘッドは故障が多いが、エボは少ない・・・方ではないかと思う(笑)。ハーレーという括りの中での話ですけどね。

ライダーの中にはハーレーというと、やれうるさいだの、イキっているだの、遅いのに集団で迷惑だの・・・と、やたら叩く人もいますが、私は一つのバイクメーカーとして、伝統があって、オリジナルティが高くて、これはこれで趣きのあるバイクの楽しみ方だと思っています。ハーレーもノーマルならそこそこ静かで・・・っていいますか、マフラー替えていれば、どのバイクだってうるさいでしょ。同じですよ。道の駅でたむろしているのも同じなら、イキり具合も私には同じに見えるけど(笑)。集団で遅いはそれなりに迷惑な気もするが、ツーリングという名の暴走行為をしている連中と比べれば、一般のドライバー視線ならむしろ暴走行為のが恐怖を感じるだろう。要するに、同じ穴のむじな・・・と私はいいたい。

で、私はソフテイル系はラグジュアリーな感じがするので、どうせならスポーティーなダイナ系で、あとタコメーターは欲しい、それでいてできるだけ高年式で・・・で、エボのローライダーを見た瞬間、あまりのカッコよさに一瞬で恋に落ちました(笑)。もうこれしかないよ。

私が狙っていた車両ではありません。全く関係ない車両の画像をお借りしています。

で、探してみると・・・あることはあるのですが、残念なことにノーマルで、程度が良いのは200万円もしますよ。やっぱり同じことを考えている人がいて、Z1Rほどではないにしても、それなり人気があるみたいですね。25年落ちにしては、それなりにお高い。

それでも意を決して妻に打ち明けてみました。私「バイク乗り換えようと思うんだよね」妻「へぇー(たぶん、またかよ・・・と思っている)」私「ハーレーが欲しいんだよね。それもちょっとだけ古いんだけど。1997年ぐらいの(25年落ち)。この頃のハーレーは重いフライホイールでさ・・・うんぬんかんぬん」と説明している途中で、妻「で、いくらなの」私「ちょ、ちょ、ちょっとだけ高くてさ、200万円ってところ」妻「はぁ?ハーレー売るとき、こんなポンコツ二度と乗らねぇと言ってたよね。そのポンコツの、25年も前のさらにポンコツ度合いがすすんだのを200万円って、バカじゃないの?病院行ったほうがいいよ」私「いやこの頃のは、フライホイールが・・・」妻「えっ?その重いフライなんとかがなんなのよ?フライパンも軽い方がいいに決まってんだろ」・・・チッ、話になんねぇーや(笑)。

しかし・・・はたから見れば、至極真っ当なご意見ですね。普通に考えれば、25年前のポンコツに200万円支払うのは、確かに病院に行くレベルですな(笑)。でも、これで私のバイクのパッションは木端微塵に吹っ飛んだ。もうバイクは要らねぇーな・・・と思うほど。

それでも、ほら、何事でもいきなり止めるってのは精神衛生的に良くないじゃない(笑)。で、しつこく他の車種もいろいろ検討しましたが・・・V7もそうだけど、普通のバイクって積載性が全くないと言っても過言ではありませんよね。で、私も利便性を考えて箱を付けているのですが・・・これ、やっぱりダサいのよね(笑)。仮にZ1Rを買える財力があったとしても、私の場合は荷物の問題があるのですよ。私は手ぶらでは出かけませんから。で、箱なんか付けたら、むしろV7よりもカッコ悪い。ローライダーならサイドバックを付ければ様になるんだけど、ああ・・・名残惜しいなぁローライダー(笑)。

なので、タンデムするパワーと荷物の問題・・・もうこれらを考えると、私は老害と言われようが、時代遅れと言われようが、根っからのMT派でクラッチが大好きですが、それでもスクーターが妥当なんですよね。服装や靴も選ばないところもいい。クラッチの付いたスクーターがあればいいのになぁ・・・と本気で思います。で、私はホンダ党なのでX-ADVがいいかな

と思いましたが、ひゃ、ひゃ、ひゃ、132万円ですよ。乗り出しは137万円ってところ。私のバイクを購入した最高値は、ホンダドゥ―ビルの130万円。高値を更新してしまいます。さほど乗りたくもないのに(笑)。最近のバイクは高いよ。それじゃー中古に・・・と思って、探してみると、5年も落ちている個体も100万円を超えていますよ。今の中古市場は強気ですな。さらに九州ってタマ数が少ないからか、関東より程度が悪そうなのに高いんですよね。

おまけに、いらねー装備モリモリですよ。あまりに高いから、その前身のインテグラでいいかな?と思いみてみると

確かに安いんだけど・・・デザインがなぁ(笑)。私はどうもこのNC系のデザインは好きになれないのです。で、両車ともチェーン駆動なんですよね。私はライダーにもかかわらず、チェーンが嫌いなんですよ。理由ですか?・・・汚れるから(笑)。私はカブみたいにカバーつけろよ・・・と各メーカーに提言したい(笑)。そして、なんでホンダはどれもこれもチェーンなんだ(笑)。

それなら、ホンダ党を押し曲げてTMAXにいってみるか

高っけーな・・・これも。素のTMAX560なら乗り出し135万円ってところで、X-ADVとほぼ変わらない。装備を考えるとむしろTMAXのが割高に感じます。TECH MAXになると、グリップヒーター、シートヒーター、電動スクリーン、クルーズコントロールが付いてくるそうだ。要らんな(笑)。グリップヒーターはコミネのハンドルカバーでこと足りるし、シートヒーターはホッカイロでOK。電動スクリーンは社外のスクリーンで、クルーズコントロールは、田舎に住むと高速道路なんて滅多に乗らないので必要なし(笑)。

スカイウェイブの頃、都内のシグナルGPでTMAXとは大きな差がありました。スカイウェイブは32PSの181㎏(乾燥重量)で、パワーウエイトレシオは5.66㎏/PS、トルクは3.3kgf。対する当時のTMAXは38PSの205㎏(乾燥重量)で、パワーウエイトレシオは5.39㎏/PS、トルクが4.5kgf。数値で比較するとさほどの差ではないのだが、巷の噂どおり、トルクに差があるからなのかTMAXは速かった(笑)。これにコーナーワークも加われば、スカイウェイブとは圧倒的な差があったと思う。

そして現在のTMAXは排気量がアップし560㏄になった。48PSの220㎏(乾燥ではないと思う)、パワーウエイトレシオは4.58㎏/PS、トルクが5.7kgf・・・こりゃー速いだろ。38PSの頃から速いんだから。ちなみにX-ADVは58PSの236㎏、パワーウエイトレシオは4.07㎏/PS、トルクが7kgfと数値でみると圧倒的にTMAXより速いと思うが、インプレを読む限りほぼ互角ならしい。たぶんTMAXのCVTの設定が巧みだからではないだろうか。さらにはインプレの記事を読む限りではありますが、TMAXはエンブレが強くかかるらしい。これならスクーターのネガティブなところがないよ。やるなTMAX。

さらにX-ADVよりトランクの容量も大きいし、ウインドプロテクションも上であろう。しかも2017年以降のTMAX530から、電子スロットルになり、Sモードというスポーツモードもついている。おまけにTMAXはフレームが優れていて、コーナーがかなり速いらしい。それよりもなによりもTMAXが一番ステキなところは、ベルトドライブであることだ(笑)。悪くないなTMAX。問題はお値段だけだ(笑)。

新車が高いなら中古を・・・となるのだが、コロナの影響が大きく、繰り返しではございますが中古市場はかなりの強気。それなら2017年以降のTMAX530でもいいや・・・と思いましたが、X-ADVと同様のまさかの100万円超え。

どうしよっかなー・・・現在ここで固まっています(笑)。

投稿を作成しました 151

V7からの乗り換えを決意 2 」への6件のフィードバック

  1. V7は やっぱり厳しかったですか?  アバタモエクボでの許容も人それぞれですからネ~。 イメージ的にはトライアンフ辺りに行くのかな~ と思っていましたが。 ハーレーの件は 奥さんに1票と言いたい所では有ります。 超ヒイキのショップが有れば まだシモですが。
     樹脂フルカバーのスクーターは 当方は 考えたことが有りませんが 近いゴールドウィングやCAN-AMを唱えていましたがやっぱり夢っぽいです。老後が近いし。
    最近の免許制度の変更で 自動車と同じノークラバイク 増えましたね~。 NT1100(チェーンのバッタスタイルで全く興味無し)も国内はDCTのみで 海外はオプションです。 ハーレー店だけでなくヤマハなど 国内メーカーも購入前提で 教習料金の一部負担など オヤジどもの財布から金を出させようとしている風潮が 当たり前になってきているのは いかがなものか? 新型が出ると SAのパーキングは 新型に乗ったオヤジども(当方の風体はジジイですが)が多いです。 メーカーの言いなり? 踊ろされて高額商品を買い喜んでいるの?  とも言いたくなってしまいます。

    ン~ 確かにドゥービルの250㎏オーバーの66㎰/8000rpmは 決して速くない。 VF750SABREKの72㎰/9500rpm ついでに6速とは別物ですが ノンカウル時代のVFでは120kmでの巡航はチョット。一人で乗るには 250でも充分。どうせハイスピード巡航などしないし。
     ドゥービルも 間もなく7万kmですが 経年劣化を除けば 手を焼くトラブルもさほど無いし このまま の予定です。

    1. ははは・・・お見通しでしたか(笑)。現実的なスポーツ性能と実用的な積載性・・・ドゥ―ビルには総合力がありましたね。当時は若かった(40歳超えているけど)から、よりスポーティな性能に感化されてしまいました。KTMの試乗会がよくなかったですな(笑)。でも、バイク乗りとして良い経験だったかも・・・と思っています。判断基準も持てるようになりましたし。ドゥ―ビルのエンジンは、今現役でも絶妙なところだと思います。NCはドゥ―ビルよりパワーないし回らないから、やっぱり盛り上がりに欠けると思う。かといって、VFR800までのパワーは、ドカのST-4と同じで、どこで使うの?になってしまう。ただ、ドゥ―ビルはもう少しダイエットして欲しかった(笑)。NCにドゥ―ビルのエンジン使えばいいのにね(笑)。

      エボは欲しかったです。キャブレターだし。おっしゃる通りで、確かに贔屓のお店はありません。と、いいますか、私はMACさんと同じくショップに出入りするタイプではありません。MACさんと同等のスキルがあれば、チャレンジしてもいいのですが。トラはないです・・・といいますか、今のバイクはセ排ガスの規制で、センサーとECU=バイクの性能や乗り味ってところが強いので、外車はもういいです(笑)。バイクの排ガスなんて、CO2の削減にたいして貢献しないと個人的には思いますが。

      あっそうなの。NT1100はDCTのみなんですか。知らなかった。興味ないので(笑)。これもおっさんキラーなんですかね。最近のバイクは微妙ですね。あっそうそう、ゴールドウイングは生産終了らしいですよ。どうですか?お一つ(笑)。大事に保管しておけば、老後に倍の金額で売れるかもしれませんよ。そのころに、バイクに乗る人がいれば・・・ですが(笑)。

  2. 私はスクーターに全く興味が無いので知らなかったのですが、
    大型スクーターの価格にビックリしました。
    先日の記事でV7のパワーの無さを指摘していたので、
    次は大排気量車に行くのかと思っていましたが、そうでもないのかな?
    何にするか、楽しみにしています。

    1. バイクって、あまり利便性がないと思うのですよ。ですから、すっげーなこれ、味わってみたい・・・こういう情熱がないといけないと思うのですよ。
      で、今の私はこれがなく、いえ少なく(笑)、もうバイクはいいかなとも考えたのですが、でも・・・やっぱりなくなったら寂しいなぁ。と思って、トランクを備えた利便性の高いスクーターで様子を見るかという次第です。
      です・・・ですが、理由がこれだから、あまりの高額にためらっております(笑)。私的には内容を考慮しても、出しても90万ですよ。欧州で人気があるのは、走りだけではなく、環境問題を踏まえた社会的な背景があるから・・・だと思う。135万出して、スカブと似たような感じだったら、ショックで立ち直れない(笑)。
      それなら、バイクレンタルって手が・・・と都会の人は考えるでしょうが、田舎のバイクレンタルは車種が限定されるのです。だから首都圏と同じ環境は、福岡まで行かないといけません。福岡までわざわざ行って、4時間で1万円もするようなレンタル料を支払うなんて、もったいないし、遠いからすごーくめんどくさい(笑)。まだ、検討してます。

  3. 友蔵さん
    若干「迷走」気味ですな (笑)
    でも、バイク乗りってそんなもんでしょうね。私も人様のバイク見たりブログ読んだりしているうちに心がしょっちゅうフワフワしてます。その症状は多分、まだ「現役」だからだと思います。排気量や馬力の要求だって、株価のように上下して、それがライダーが70代まで続いて、PCXやカブで生涯を終えるみたいな。
    因みに愚かな私は、今はビューエルの「ユリシーズ」という胡散臭い形の不人気車が気になります。ハーレーのエンジンはやっぱり好きなんですよね。
    R100Rは刺激が少なすぎて。。。

    1. フフフ・・・ワン助さんと私は本当にバイク選びが似ていますな(笑)。

      R100が好きな人も多いと思いますが、BMWのOHVエンジンは、基本的にいわゆる過渡期の技術・・・ではないでしょうか。ハーレー社のように、それでもOHVを選ぶ・・・そういうOHVではないと思います。だから、OHVでもよりスムースなエンジンを目指していたと思われます。
      私もハーレー社のエンジンは面白いと思います。で、暴走行為をしないなら、その加速や独特のエンジンの鼓動やフィーリングは唯我独尊だと思います。安ければエボのローライダーに乗ってみたかった(笑)。
      バイクは、2007年の排ガス規制で大きな影響を受けたと思います。あのCB1300(SC54)でさえECUが変わったらしいですから。ユリシリーズは2008年だから、私が乗っていたスポスタと同じだとすると、単なるリーンバーンにしている可能性が高いかも。それでも、現在で例えるならKTMと同じくらい個性的かもしれませんね。

      ワン助さんのいうとおり、最近のバイクには興味がない・・・といいながらも、なんとなく妥協点を探している自分がいますから、やはり現役なんでしょう。まだスクーターは私には早いかも・・・かもしれませんね。なんせクラッチが大好きなので(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る