今年4回目の阿蘇ツーリング

シルバーウィークの前半は香川への車中泊を楽しみましたが、後半は気温も下がってきたのでV7でまたもや阿蘇に走りに行ってみました。暑い季節は、結局阿蘇ばかりなんですよね(笑)。

ランチを阿蘇の高森町をいただくため9:30の出発です。最短はやまなみハイウェイ経由ではないかと思うのですが、朝は寒いのと、我が家から見上げた鶴見岳は雲がかかっているので止めておきました。なので県道30号の長湯経由で向かいます。これも気持ちのいいルートです。

別府市内は気温が26℃を超えていましたが、それほど高い山に入っていなくても23℃くらいで、メッシュウェアでは少し・・・いやかなり寒い(笑)。これ、スクリーン付けたら違うのかな。それにしてもV7の調子が良いなぁ。

もう我が家に来て2年以上になりますが、完全に今はベストコンディションだろう。2500rpmあたりに引っ掛かりがあるとか、メカノイズがデカいとかの、初めからダメなところはあいかわらずなのだけど、経年劣化によるやれた感じは全くない。やっぱり、クルマやバイクは保管環境とメンテナンス次第ですよ。乗り換えようとも考えましたが、なんだか可愛くなってきました(笑)。やはり自分で手入れをして調子良くなると、愛でる気持ちが生まれるのだなぁ。

もう何度も走っているのですが、R57から左折して高森町に向かうR265は本当にステキなワィンディングです。

もう気分は北海道です。

似ていますよね。それにしても阿蘇のランチは、赤牛、赤牛、だご汁・・・ばかりなんですよね。しかも、お高い。今回のランチは趣向を変えてこちらにしました。

イタリアン・ピザ 石窯 ピッツァ カフェ スタジオーネ さんです。

なんだかリゾート地のペンションみたいだなと思ったら、 フラワーガーデンという名前でペンションでもあるそうです。コロナ対策もばっちりで

といいますか、外ですから(笑)。とても安全です。デカい蜂が飛んでいたので、違う意味で怖かったけど。オーダーはお店の名前にもピッツァとなっているので、せっかくなので

定番のマルガリータ1650円と

阿蘇のピザ屋が作った「阿蘇黒いハヤシ」1210円をお願いしました。少しいお高いリゾート価格ですな。ピザが思いのほか大きかったので、ピザだけでも十分だった気もします。もちろん、全部平らげましたが(笑)。

さて、そのお味ですが、看板メニューのピザの方はですね・・・生地が厚めで私はあまりタイプではないなぁ。オリーブオイルも足りないと思います。もちろん美味しいのですけど。それに対して、阿蘇のピザ屋が作った「阿蘇黒いハヤシ」はなかなか美味しい。むしろこれを売りにした方がいいのではないだろか。大きなお世話だと思いますが。甘ったるいハヤシではなく、生姜の味がするハヤシです。トマトとの相性も抜群でした。☆3.5かな。ピザはもう少し特徴的にするか、あるいは薄い生地で、オリーブオイルをふんだんに使って本場に近いピザにした方がいいんじゃないかなぁ。大きなお世話で申し訳ありません。

食後は白川水源を見学しようと思ったのですが、妻が高森ツリーハウスを見たいと言うので、少し戻るのですが行ってみることにしました。なんでも最近読んでいた「怖い間取り」という本で紹介されているのだとか。く、くだらねぇ・・・いやいやそんなことはありません。面白そうなので行ってみました。妻にはサンバー購入で折れてもらっておりますから(笑)。

着いてみたら、思いのほか幻想的なツリーハウスで驚いてしまいました。ジブリのアニメに出てきそうな感じですね。

ご神木を守っているそうです。続いて白川水源に行ってみます。

白川水源とは「環境庁の名水百選に選ばれるほど有名な水源。常温14℃の水が毎分60tも湧き出て、熊本市内の中央を流れる白川の源となっています」だそうです。入場するには、環境保全協力金として高校生以上100円が必要です。

神社やお土産屋さんなどもあり、山梨の忍野八海に似ていますなぁ。私も飲んでみましたが・・・うーん、水ですね。私は美味しい水ってのが、わからないみたいです(笑)。 東京の水が消毒臭いのはさすがにわかりますが。

それでは、内牧温泉を目指して阿蘇の山を越えていきます。

このルートは何度走っても気持ちいい。ワィンディングを楽しむのもさることながら、眺望が抜群、牛が間近に見える(笑)。薄々感じていたのですが、最近V7がコントロールしやすいなぁと感じておりました。最初はタイヤがブリジストンのBT46に替えたからだろう・・・と考えていたのですが、それだけではない気がします。

私は鎖骨骨折から半年ぐらいたって、大型バイクに乗り続けるのを目的で筋トレを始めました。それから約1年以上経ちましたが、続けていた甲斐もあって体つきが筋肉質っぽく変化しました。私はいままでバイクのライディングは、力ではなくタイミングとコツである・・・と信じてきましたが、どうやらマシンをホールドする筋力が微妙にライディングに影響するのではないか。低速コーナーなどゴリゴリに曲がれるようになるのですよ。詳しい方教えてください(笑)。

阿蘇は温泉施設がたくさんあるのですが、今回は内牧温泉のこちらに立ち寄ることにしました。

宝湯 温泉割烹 がね政 さんです。なぜここなのか?と言いますと、口コミにぬる湯という書きこみがあったので(笑)。ご利用はお一人様400円と激安です。

泉質は芒硝泉(緩和性低張性高温泉)らしく、薄く濁っており、硫黄と鉄系の匂いがする素晴らしいお湯です。群馬の鹿沢温泉に似ていると思います。しかも口コミの通りぬる湯。もう文句なし。コロナ対策で最近は家族湯オンリーだったのですが、こちらは家族湯はありません。あまりにも口コミに惹かれたので利用したのですが、お客さんは私の他にお一人のみ。途中からは私一人。贅沢だわ。久々に感動の温泉です。施設もキレイなので、初心者にもハードルが低い。良いところ見つけてしましました。また行こう(笑)。

帰り道は

この大観峰経由のやまなみハイウェイのゴールデンルートをブッ飛んで帰ります。

15:40の出発で17:30に我が家に到着。Ave50.3㎞/h・・・一応制限速度ぐらいだからいいのかな。意味がわかる人には怒られそうですが(笑)。V7でもこんなにもブッ飛んで走れるのですよ。V7って懐が深い。こういう走りをすると、スポスタ883より私にはV7のが合っている・・・とつくづく思います。足とフレームが違うよ。

で、話が戻るのだけれど、やっぱりね違うと思うのよね。筋トレしていると。マシンが安定しているような気がします。タイヤだけではないと思います。足もつらないし、この日は一般道を250㎞くらい走っていますがクラッチも辛くなりません。おまけにコーナーリングが上手くなったような気がしました。

バイクではなく私の問題だったのか(笑)。バイクはやっぱり体力が必要なんだと思う。そもそも私が筋トレを始めたのは、先ほども述べたように大型バイクの取り回しで苦労をしないためのアンチエイジングとしてです。ところが続けていたら体形が筋肉質になりスタイリッシュになりました。私は若い頃、ブランドの服はスタイリッシュに見えると思って買っておりましたが、よく考えれば自分がスタイリッシュになれはいいのです。今や全身ユニクロでも恥ずかしくありません(笑)。さらにライディングも向上する。一石三鳥ではないか。すごいぞ筋トレ。

トレーニングがめんどくせぇと思う日もありましたが、続けていて良かった。ライディングに効果があるとなると、さらに今後も続けようという気持ちに拍車がかかります。こりゃー70歳まで大型バイクがいけるかもしれませんな。9年後には内燃機関は買えないけど(笑)。

投稿を作成しました 132

今年4回目の阿蘇ツーリング」への6件のフィードバック

  1. こんばんは。
    相変わらずチョッと走ると風光明媚な場所を走れて羨ましい限りです。
    しかも九州で「北海道みたい」って・・・(寒いのはもうこりごりですよね)
    V7も快調みたいで良かったです。
    温泉、私もぬる湯の長湯が好きです。熱いとすぐにのぼせてしまうタイプなので。
    鹿沢温泉、随分昔に行きました。ポンコツだったけど風情のある温泉でした。
    今は、伊豆・函南にある畑温泉がぬる湯の定宿です。
    37℃のお湯なので、1時間位浸かっていると体がお湯に溶けそうな感覚がしてきます。
    あと、群馬の川古温泉が最高ですね。
    河原の横にある大きな露天風呂の底から、泡と共に温泉がゆるゆる湧き出しています。
    ここもぬるいので、冬は入れないそうです。(内風呂もありますが)
    ああ、行ったばかりなのに、また温泉に行きたい・・・

    1. がたぱしゃさんもぬる湯好きですか。私は自称ぬる湯通なので、八ヶ岳時代に畑温泉は3回ぐらい行きました。気持ち良いですよね。ちなみに、ぬる湯通ですから川古温泉も行きました。ドカティのST-4だったからだいぶ前になりますが。
      ぬる湯好きなら、山梨の奈良田温泉がものすごくおすすめです。1時間なんてあっという間に過ぎてしまします。しかもぬるぬるのローションみたいな温泉です。ぜひV7で・・・もうちょっと寒いかも(笑)。山梨の温泉はぬる湯の宝庫ですよ。
      九州の温泉は、長湯以外基本的に熱めの温泉が多いのでちょっと残念ですが、ぬる湯の温泉を探すのをツーリングの目的にして、それがけっこう面白かったりします。

  2. いい陽気に誘われたいです。 
    なかなか ベストな天候に当たらず バイクに 思うように乗れていません。 
    筋トレ 必要ですネ~。 ドゥービル購入 半年前に 椎間板ヘルニアり手術をして「筋肉を」と言われていましたが 逆に再発にビビり「無理をしない」で今まで来ましたが 今回はチョット想定外の事が。
    20日 シルバーウィークに 日の出の赤時富士をと 1人で富士山時計回りに。
    丁度良いタイミングの所で Uターンしようと発進 セカンドで、エンスト 右へ立ゴケと ここまでは短足の宿命。 腰を押し付け上半身と 一緒に引き上げると ゴキッと聞こえる(骨伝導かもしれないけど)程に。 ギックリだと止まったまま 動けないのですが 痛むものの動けて 再び 腰を中心に引き起こし。痛むものの有家艇いたので 引き続き 170kmを 途中立ち寄りながら走り 帰宅後 ガレージへ入れセンタースタンド掛けまで。
    近くの接骨院に行ったものの痛みが続き 1週間後 整形外科へ。 第三腰椎の圧迫骨折で 前側が 1㎝近く縮んでました。
    このコロナで自転車生活が続き 背筋はそれなりだったりですが 骨に来るとは。 
    ボチボチと 自己治癒に努力していきます。

    友蔵さんも 力を込める時は 注意してくださいね~。

    サンバー SOHCでしたっけ ?  当方 RX-SS DOHCエンジン、CVTとメーカー対応に散々泣かされ  過去 最も「金食い車」でした。

    1. マジですか。第三腰椎の圧迫骨折がどういうのかわからないのでググってみたら、3~4週間で治るそうですね。とりあえず良かった。良くないだろうけど(笑)。
      私も鎖骨骨折したにもかかわらず、ガレージにきちんと停めましたよ。やった日はなんとかなるのもですよね(笑)。
      MACさん見た目と違って、外車なみにか弱いですね(笑)。立ちごけで骨折する人に言われたくないかもしれませんが(笑)。加齢による骨粗鬆症って可能性も否定出来ないから、ぼちぼちサプリメントでカルシウムを摂取した方が良いかもしれませんよ。私はソフトクリームでカルシウム摂取していますから大丈夫ですが(笑)。

      サンバーはSOHCです。MACさんVIVIOのオーナーだったのですか。スバリストになった私はスバルの悪口は言いたくありませんが、スバルというメーカーは個体差がある・・・かも。カワサキのバイクと同じ感じがします。スバルのクルマはラリー競技車しかわかりませんが、賛否両論あったと思います。故障も含めて。個人的にはVIVIOならアルトワークスの方が、インプレッサならエボの方が自分に向いていると感じました。これがなかなかスバリストになれなかった大きな要因です。
      私も今回は中古を購入するにあたり、走行距離が短いのはあえて止めました。なぜなら、年数相応の走行距離なら調子が良かった証拠ですから(笑)。サンバーもいろいろな噂がありますが、私の目に狂いはない・・・と信じています。百戦錬磨ですから(笑)。、

  3. 私も「ライディングは、力ではなくタイミングとコツである」派です。
    なので筋肉量とライディングの関係は分かりませんが筋トレをしてれば結果的に体幹も鍛えられますよね。つまずいても無意識に足が出て立て直したり電車内で吊革につかまらなくても立ってられたりするあれです。ひょっとしてこれが鍛えられて無意識に下半身でバイクをコントロールしてるとか・・・。違うかな。
    私がタンデムで「気持ちよく曲がるな~」って感じる時は妻がライディングに参加してる時です。後ろでふんぞり返って「のへ~」ってされてたらどうにも曲がりませからね。なので通常は好きにさせてますが峠とかUターン時は密着させてます。特にコーナーのアクセルオン時にイン側に気持ちを入れてもらうとグングン曲がるんです。ソロとは違う感覚なのでタンデムはこれが楽しいんですよね。

    1. 私もそう思っていたのですが、やはり曲がるのですよ。体幹も鍛えられているのでしょう。バイクはやはり体力づくりが大事ですね。体形も維持出来るし、バイクも上手くなるし、ティニーと一緒に走れるし、いいことづくめです。めんどくさい日もありますが、今後も続けようと思います。
      これはたまさんに影響されて良かった。ちなみに、妻はぼんやり乗っているので、その楽しさはわかりません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る