車中泊 IN 香川 後編

本場のさぬきうどんを食するためにお店の検討をしたのですが、あまりにも本格的な人気店は大型連休なので混んでしまう恐れもあるので、高松市内にあるこちらのお店にいたしました。

手打うどん 三徳さんです。密を避けるため開店と同時に入店するべく、11:00の開店にもかかわらず10:30着で開店を待ちました。初めは私たちだけでしたが、10分前あたりから次から次にクルマが・・・かなりの人気店ですね。期待が膨らみます。オーダーは丸亀製麵のようなセルフ方式でした。オーダーしたのはこちら

肉うどんの小595円と

肉ぶっかけうどんの小595円にいたしました。さてお味の方ですが、うーん・・・申し訳ありませんが、私には普通のうどんにしか思えません(笑)。実はさぬきうどんを食べるのも今回が初めてではなく、前回の時も肩すかしをくらったように「普通のうどん」という印象でした。でも前回は、通りがかかりに適当に寄ったお店でしたから外してしまった可能性も否定出来なかった。でも今回の三徳さんは、開店と同時に満席になる人気のあるお店です。たぶん私にはうどんの微妙な違いがわからない・・・そういうことだと思います(笑)。えっ?不味いのか?いえいえ普通に美味しいです。私には大分県にある鳴門うどんと大差ない、そして丸亀製麵が一番美味い・・・私はそう感じてしまいます(笑)。☆4つ。それでも香川県ならうどんですよね。

11:00にランチだから所用の待ち合わせには少し時間があるので、暑いしアイスでも食いますか。ググってみるとなかなか面白いお店がありました。

しおのえ ふじかわ牧場 高松店さんです。なんと香川県でメジャーな牧場のソフトクリームが街中でいただけます。

確か350円だったと思います。お味の方ですが、牧場ソフトならもう少し濃厚なミルクテイストがあってもいいんじゃないかと思いますが、これはこれであっさりしていて美味しいと思います。しかもボリューミーでした。他のソフトクリームも見習って欲しい(笑)。

では、いよいよ目的の用事に向かいます。向かった先はK2worksさんというクルマの中古車屋さんです。そして目的のクルマはこちら

スバルのサンバー ディアスバンです。2011年式、スーパーチャージャー、5MT、切り替え式4WD、走行88000㎞の個体です。フリードからなぜ軽バン?とか、しかもなぜサンバー?とか、いろいろ疑問に思うでしょうが、それはまた別の記事で私なりの意見を述べたいと思います。

わざわざ香川県まで見に行ったのは、この個体を画像で見る限りではカーマニアか、熱いサンバーファンが乗っていたのではないかと思ったからです。理由は、純正オプションパーツが多数付いているのと、タイヤも

こちらを履いていたので、前オーナーは仕事ではなく完全に趣味でサンバーに乗っていたな・・・とプロファイルしておりました。

現車も10年落ちにしてはかなりのコンデション。内装も荷室に傷一つありません。ホイールにもガリ傷もない。しかも禁煙車でワンオーナー。さらに派手な改造もしていなし、ボディのコンデションから青空駐車ではなく、カーポートの保管だったと思われる。 試乗もさせてもらいましたが、アライメント、クラッチ、エアコン、各部のガタピシ音など全く異常なし。

即売されていないのは、88000㎞の走行距離でタイベル交換やクラッチ交換が間近なことや、販売店が香川県だからではないだろうか。それからサンバーはすでにかなりのプレミア価格となっておりますが、コンデションを高く評価したとしても、お値段が乗り出し135万円は少し高いからであろう(笑)。中古車では一般的に走行距離が少ない方コンデションが良いとされていますが、中古車購入の百戦錬磨の私から言わせていただくと、走行距離よりどんな扱いをされていたか?こちらの方が全然重要なのです。そもそも10年落ちているのに3万km台とかは、近所のお買い物の使用の可能性が高いから、雑な取り扱い(メンテも含む)を受けていた可能性が高く、コンデションがあまり良くない場合のが多い。まぁ百戦練磨を自負している私ですが、外れてしまうことも多々ありますが(笑)。

その場で契約しようと思いましたが、妻が「後で連絡しようよ」というので、2時間も滞在したにもかかわらず後にしました。

15:00を回ってしまったので、本日車中泊するところへ移動いたします。予定では今治のあたりの道の駅を考えていたのですが、この日も暑いので海沿いは無理。予定を変更して急遽山の中に避難することにしました。

それにしてもこのR11の片側1車線は本当に勘弁して欲しい。死ぬほど長いよ(笑)。R194を左折したら、そこからは峠道になりスピードがのります。道の駅 木の香は高知県になります。日帰り温泉施設が併設されている・・・いや、宿泊も出来るそうですよ。すごい道の駅ですね。って言いますか、道の駅のカテゴリーを超えているのではないでしょうか 。

それだけの施設ですから、大型連休中もあって駐車場は満車ですよ。温泉が嫌な予感がしますが入らないわけにはいきません。ちなみにご利用はお一人様650円です。泉質は含鉄ナトリウム塩化物温泉で、無色透明の無味無臭ですが塩味がする良いお湯です。お湯は良いと思いますが・・・案の定うるせーガキ、そして人が多く、私は早々に退散いたしました。私も利用しているから言える立場ではありませんが、あまりにもコロナに対する意識が低い気がします。お湯は源泉かけ流しではなく循環消毒です。利用者が多い施設はそれのが安心だと私は思います。キレイだし、シャンプーやボディソープもあるので利用しやすいし、空いているような時期ならもう一度行きたい温泉です。とりあえず私はこの二週間内に熱が出ないことを祈るばかりです。今のところ平熱なので安心していますが。

最終日も早朝の時間を利用して一気に移動いたします。

向かう先は朝6:00から営業している南道後温泉 ていれぎの湯さんです。

7:10くらいに到着しました。ご利用はお一人様600円です。

泉質はナトリウムー塩化物温泉(等張性中性温泉)で、大浴場の方は無色透明の無味無臭ですが

源泉かけ流しの露天風呂は、ぬる湯の鉄系でかなり濃厚なお湯でした。長野の温泉を思い出します。混雑具合もそれほどではなく、安心しては入れました。施設もよくある日帰り入浴施設で、キレイでシャンプーやボディソープもあり、こんな良いお湯をこんなキレイな施設で味わえるなんて・・・私はとてもおすすめです。

お風呂上りは、ティニーと海浜公園をぶらぶらし

妻が酒蔵に行きたいと言うので、少し遠回りですが寄ってみました。サンバーの件もあるのでお機嫌を損ねないようにしないとね。

協和酒造さんです。創業明治20年の歴史のある蔵で、昔ながらの酒造りにこだわっているそうです。

家に帰ってから早速いただきましたが、新潟の酒のような辛口ではないのですが、甘口なんだけどベタな感じではなくフルーティーな感じでとても美味しいお酒でした。難点なのはちょっとお高いので、気軽に毎日いただくお酒ではないところ(笑)。

ここから先は大洲を経由してフェリーの乗って帰るのですが、酒蔵にも寄って気をつかったにもかかわらず、妻はサンバーにネガティブな見解なのです。なので、ここからの帰り道は口論になったのでほとんど写真がありません(笑)。

まぁ妻の主張もわからない訳ではない。普通に考えれば、フリードのが年式も新しいし、燃費も良いし、ATだし、パワーもあるし、内装も豪華だし、ホンダセンシングも付いていていたれり尽くせりで、とても楽ちんですから。反対するのはある意味当たり前ですよね。しかしね・・・しかし、我らバイク乗りはそうではないのだよ。そういう生き物ではないのだよ。

例えば「旅行に行く」とします。目的地に行くだけならば、バイクで行く理由なんてどこにも見あたらないのですよ。なぜならば、ワゴンRのが50倍ぐらい楽で便利だから。クルマの中には空調が効いていて、カーナビが丁寧に案内してくれて、荷物も後ろに置くだけで、仮に雨が降っても「雨が降ってきちゃったよ・・・えへへ」くらいで済んでしまう。雨具から雨が浸水して服が濡れてイライラすることもないし、取り回しで汗だくになることもありませんし、立ちごけの心配だってない。クソ暑いのにライディングウェアを着る必要もない。ワゴンRならTシャツ、短パン、ビーサンで超快適な上に冷たいドリンクまで飲めてしまうのです。

バイクは、例えハイテク満載のホンダのGold Wingでもそんなことはない。マゾヒスティックな人しか乗れない乗り物なのである(笑)。それでもバイクで行くのは「運転が楽しいから」これしかない。ワゴンRと違って、操る楽しさ残っている乗り物がバイクなのだ。楽だから、便利だから・・・そんなのクソくらえなのだ。家を出発した時から楽しいのがバイクなのだ。大事なのはこれなんだよ・・・ということで、妻にはあきらめてもらいました。仕方ないよ。私はバイク乗りなんだから(笑)。

仲直りしたところで、みかん専門店 南の果樹園ニュウズさんでみかんのソフトクリームをいただきました。

アイスの種類を選び、みかんを3種類選択し、私たちはグラノーラを選び400円もするのですが

これすごく美味しいです。ソフトクリーム自体は普通ですが、いわゆるみかんのパフェですね。みかんのグラノーラがアイスに合う。なかなか他では食べられないのではないでしょうか。九四フェリーに乗る度に、食べてしまいそうな気がします(笑)。

そして、この後に中古車屋さんに連絡し、サンバーを購入する旨を伝えました。人生初のスバル車を購入しました。私も54歳になってようやくスバリストになれました。思えばスバリストへの道は遠かった。私は過去に

このGC8の2代目インプレッサ(涙目)を購入寸前までいったのですが、試乗してみるとランエボのような刺激は少なく案外普通だったのですよね。で、

こちらのRX-7のspirit Rを購入した経緯があるのです。今持っていたらかなりのプレミア価格になっていたかもね(笑)。この頃は楽しいクルマが多かった。えっ?お金持ち?この頃は私の人生で一番収入が高かったのですよ(笑)。今ではとても買えません。だけど400万円ぐらいだったから、今じゃベルファイアも買えないんじゃない?。クルマは高くなりましたよね。

一応、これで私もスバリストの仲間入り。インプレッサではなくサンバーで申し訳ないのですが(笑)。

投稿を作成しました 132

車中泊 IN 香川 後編」への6件のフィードバック

  1. お久しぶりです。 
    ここに来て サンバーSC M/T ですか。 ・・・なぜ また? が 本音ですが。
    当方もGバン以降 車も無く ここで義父のラウムを処分し 自身の車として 新たにスペーシアを購入しましたが 友蔵さんほどのこだわりも無いのと 次期 娘の車となってしまいますし。
    過去 キャロル、ジムニーの経験から パワーについては承知の上でしょうし 問題は無いでしょう。
    サンバーなので 完全フルフラットと維持費など 今後を含めた所が狙い?なのでしょうか。
    タマの無い車種なので 多少の高額取引はとは思いますが なかなかのお値段でしたね~。
    その度胸は当方には無い所ですネ~。 毎回 長いので 新車スタートで 際まで乗ってしまうので。 
    ちなみに 当方も 24歳から1年程 2WDのサンルーフ付きのサンバーに乗っていましたが 妻がバス停から発信した乗り合いバスに追突して廃車にしてくれました。面白い車でしたが。
    また 楽しいインプレ お願いしますネ~。

    1. そうです。ここにきてサンバーSC MTです(笑)。この件については、また別で記事にするのですが、実はランクルに乗っている頃から、もう軽バンでいいかな・・・と思っていました。
      ただ別府への移住があったので、さすがの私もサンバーじゃ・・・ってのがあり、無難なフリードを選びました。で、私はクルマに乗せられるのではなく、自分でコントロールするのが好きなことを思い知らされたのです。
      サンバー購入のきっかけは、MACさんは知らないと思いますが、エブリィのジョインターボ 5MTが今年の8月で販売が静かに終了しました。次期マシンの予定だったので、かなりショックでした。で、シンプルな構造のクルマが、軽バンでさえなくなる・・・ジョインターボはじわじわと値段が上がってきています。それじゃーいくか、サンバーSC・・・そんな感じです。別府移住も終わったし(笑)。

      2030年にガソリン車販売禁止だから、あと9年。そこまではサンバーでいけると思ってます。メンテしていれば25万㎞は行けると思うので。2030年に再び軽バンを購入したいと考えています。ターボのMTがあるとうれしいのですが。2050年まではガソリンスタンドもあるみたいだから安心です。2050年で私は83歳だから、たぶん生きていないので、今後は一生内燃機関にいくつもりです(笑)。

  2. 八ケ岳はすっかり秋です。そろそろバイクをころがすのも朝夕は寒くなってきました。
    しばらくROMばかりでしたが、突然サンバーへの乗り換えという話題に思わず反応してしまいました(笑)。
    当方は約10年前に2004年製のサンバーバン「VC plus」という一見ディアスっぽい中途半端なサンバーを手に入れ、まだまだ乗り続けております。しかし、乗り出し135万円は本当にプレミア価格ですね。
    ちなみにパートタイム4WDは、年に数回の雪道と凍結路を走るとき以外はほぼ使うことはありません(笑)。あと未舗装の林
    道に入ってしまったときくらいですかね。ブレーキの利きも悪いし、うちのはノンターボの5MTなので車量に対し明らかに非力です。清里の天女山までドライブしたときには2速に落とさないとまともに登れませんでした。SCであればその辺は問題ないでしょうが。
    そして、EN07の横置きエンジンの最大の特徴は、経年とともにオイルが漏れること(笑)。タイミングベルトは7万キロくらいで交換しましたが、ウォーターポンプのパッキンからのオイル漏れがあったためで、
    ついでに換えてもらったという感じです。そして、次は タペットカバーパッキン。その次はクランクシールからで、ついでとばかりクラッチ交換。最後はオイルパン周りと、フルコースのオイル漏れを経験しました。世話になっている車屋が部品持ち込みOKなので、社外品を使って何とか安く済ませてきましたが。。
    いろいろ問題はありますが、サンバー最大の利点は積載能力ですかね。車高がミニバンと同程度はありますし、キャンプでは余計なものまでつい積んでいってしまいます。後部座席をたためばフルフラットになるので180cmある当方でも結構快適に寝られます。
    しかし、高速では急な横風やトラックとすれ違うと、はげしくハンドルをもっていかれます。エアコンの利きは悪いです。
    昨今の車に乗りなれている人であれば、仕事に使う人とマニア以外は「なんじゃこれは」という車でしょうね。
    それでも、うちはまだ数年は乗り続けるつもりです。買い替えるための先立つものがないのもありますが、やはり田舎暮らし+ちょっとしたアウトドアな旅にはぴったりの車なんですよね。

    1. 10月の八ヶ岳はもう寒い日もありますよね。鼻水たらしながらバイクに乗っていたのを思い出しますね。それでも私は根性出して11月の初旬くらいまで乗っていましてけど(笑)。

      Q衛門さん、サンバーオーナーですか。先輩ですね。2004年製だから17年落ち。漢ですね(笑)。
      私は八ヶ岳在住の約10年間JB23ジムニーを乗っていました。今回サンバーSCを試乗しましたが、パワー感はほぼJB23と遜色ない感じでした。なので私的には何も問題ありません。JB23でどこでも行きましたから(笑)。
      私の購入した個体は、ワンオーナーでスバルのディーラーで定期的なメンテナンスを受けており、私もサンデーメカニックの端くれですが、オイル類の漏れは見当たらなかったと思います。それどころか、ベルト類も定期的に交換しており、極めて状態は良好だと思いました。エアコンもかなり効きます。アイドリングでも冷風が出ているので、こちらも状態が良いと思います。
      今後のメニューとして、タイベル、ウォーターポンプ、テンショナー、そしてクラッチの交換を10万㎞で考えております。もう二度と販売されない貴重なクルマなので、延命措置を施しながら大事に乗っていきたいと考えています。

      多少なにか不具合があったとしても、所有したい一台だったから頑張ります。Q衛門さんも延命措置をしながら頑張りましょう(笑)。

  3. 突然のサンバーMTですか。
    想定の斜め上のはるか後方の車種でした。これだからtomozoさんは面白い。
    経緯からインプレその後のメンテまで楽しみにしておりますよ。(突然の故障とかも)
    それより良く奥様を説得出来ましたね~。私は難儀した結果MT車にしましたが長距離では一切運転をしてくれなくなりました。
    今回の件を妻に報告したら奥様にこう伝えたいらしいです。

    「ふざけんな! って殴ってやれ」
    「変な旦那を持つといろいろ大変だけどあなただけじゃないからね」
    だそうです。

    これ我々には誉め言葉ですけどね。

    1. 突然のサンバーです。やっぱり自分で操作したいのですよ・・・そこはバイク乗りですから。突然の故障なんてあるわけないじゃないですか(笑)。なんていったって国産車ですから。小カングーはハイリスクで、ランニングコストを覚悟する必要があると思いましたが。サンバーならいけると思いますよ。小カングーは車中泊もサクッとは出来なかったですしね。
      えっ?奥さんの説得?ですか。ギャンブルも一切やらない、キャバクラにも飲みに行かない、タバコも吸わない・・・etc。唯一の趣味がバイクとクルマですよ。何か問題ありますか?(笑)。私の人生の生きがいですから。
      妻は、私がラリーをやっていた頃ナビをしてもらっていたことがあり、その頃はメタルの強化クラッチの競技車両で長野まで遠征しており、交代で運転していましたからMTの操作はなにも問題ありません。自分でもサイボーグミラージュのMT、2代目VWゴルフのGLのMTを乗っていましたから。八ヶ岳時代にもJB23ジムニーとはいえ凍結路をMTで通勤していました。なので、クルマの運転技術は一般のドライバーよりかなり上手いと思います。あまり褒めたくありませんが。サンバーの運転なんて、なにも問題になりません。

      えっ?変な旦那・・・それって私も含まれますか?(笑)。カブを2台所有している旦那さんからみれば、私なんてまだまだ足元にも及びませんよ。そもそも割高なドゥ―ビルを新車で買うとか、中古のドカティやモトグッチを買う時点で諦めてもらわないと(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る