自分専用の電動アシスト自転車を購入

大分サイクルシェアで電動アシスト自転車を借りてサイクリングを体験いたしまして、足りない体力を補ってくれる電動アシストの自転車ならば、自転車の楽しいところだけを味わえることがわかったので電動アシスト自転車の購入を決意しました。

自転車を選ぶにあたり、私はサイクリングのみの使用ではなく、少しでも温室効果ガス削減になればの思いもあるので、普段の足としても使えるところも選考基準といたしました。購入にあたって参考にさせていただいたのは「ヤマハPAS CITY-Xで気ままに電チャリライフ」という素晴らしい内容のブログです。最近ブログの更新をしていない模様なので、ここに貼って良いのかわからないから興味のある方は検索をしてみてください。

素人の私にはたいへん勉強になるブログで、電動アシスト自転車であっても、車両重量が重いと登り坂は楽に登れないことの論理的な解説。電動アシスト自転車は、アシスト範囲内で走るならギアは3段で十分かもしれない・・・といった、これまた論理的で説得力のある解説。そしてPAS CITY-Xで100㎞の峠ライドをこなしており、素人の私の背中を後押ししていただけました。で、私もPAS CITY-Xにしよう・・・と考えましたが、サイクルシェアで借りた同じ20インチのPAS CITY-Cは、妻のステップクルーズより路面からの入力が大きい・・・のではないかと感じました。

そこでミニベロの特徴を調べてみると、やはり速度維持が困難なのと、路面の影響を受けるとの意見が多い。であるならば、やはり26インチが良いな。で、私の浅はかな知識の中では、自転車の世界において車両重量の軽さは正義です(笑)。普段使いもOKな車両重量が軽い電動アシスト自転車で調べていくうちに、これがベストなのではないだろうか・・・と思う一台にたどり着きました。それはこちら

パナソニックのビビ・Lです。理由は、参考にしたブログのPAS CITY-Xの車両重量は21.1㎏。そしてビビ・Lは22.8㎏(26インチ)でその差はたったの1.7㎏。ちなみに妻のステップクルーズは電動アシスト自転車の平均的な27.6㎏で、それと比較すれば4.8㎏も軽い。街乗りなら最強ではないだろうか。これでいいんじゃないかな・・・ビジュアル以外は(笑)。実のところ今でも、私の使用用途だけで考えればビビ・Lで良いと思っています。しかし・・・しかしですよ、ビビ・Lに乗った中高年のおっさんってのは、かなり痛く映るのではないだろうか(笑)。まぁ誰も気に留めないとは思うけど。

それに電動アシスト自転車って最低でも10万円程度は必要です。ちょっと待てよ。それなら普通のクロスバイクでいいんじゃないの?・・・と考え直しました。で、少し調べてみたら、10万円も出せばかなり良いのが買えるではあーりませんか。それより何よりクロスバイクはカッコイイ(笑)。今はつらいかもしれませんが、体を鍛えれば乗れるのではないだろうか。ずうずうしくもそう思えて来ました(笑)。別府にも新しくジャイアントのお店も出来たし、よーしアシストなしのクロスバイク買っちゃおうかな。買うならこれかな

ジャイアントのグラビエです。車両重量はクロスバイクにしては少し重い11.6㎏ですが、太めのタイヤが段差があっても安心だし、かぶるギア比もあるけど24段ギアで坂道も頑張れば行けるのではないか・・・という気になる(笑)。デザインもGIANTのロゴが浮き彫りなっていて、派手さがなくお洒落な大人向けな気もします。

タイヤの細いクロスバイクの方がスピードは出るらしいのですが、でもそれはいったいどこで出すのだろうか。歩道では無理だろうからおそらく車道でしょうね。しかし、日本の道路環境は欧州とは大きく違い、とても自転車が車道を走れる環境ではないと私は思います。自転車での車道の走行は道交法で認められていますし、万が一自動車との事故が発生しても、自転車側に大きな過失がなければきっと裁判にも勝てると思います。しかし、裁判で勝っても障害が残ったら体は元にには戻らないのです。いくら自分が正当であっても、どんなに相手が間違っていても、事故を避ける危険回避は自ら率先して行うべきだと、私はこう考えます。そう考えるとロードバイクやクロスバイクで走るならルートが限られる気がします。ライド主体ならそれでいいと思いますが、私の場合は趣きが少し違うのでカッコイイだけでは・・・ってのもあったけど、最終的にあきらめた大きな理由は、妻から「坂の多い別府の街では、必ずルイガノと同じ道をたどるはず」と断言され・・・実績があるので反論出来ないのよね(笑)。そしてそんな予感もある(笑)。

それならカッコイイ電動アシスト自転車にするか・・・で、検討してみました。26インチ以上の電動アシスト自転車のスポーツタイプだと、妻と一緒に走ったら差が出すぎてイライラしそうだし・・・でもビビ・Lは嫌だし・・・ミニベロタイプは止めようと考えていましたが、そこを曲げて最終的にはカジュアルでお洒落なミニベロタイプに絞りました。それなら当初のヤマハのPAS CITY-Xでいいじゃん・・・そうなのだけど、他にも気になった自転車もありました。

ベスビーのPSA1です。ベスビーって私は知りませんでしたが、台湾の大手電子部品メーカーBenQグループの一社であるダーフォンの電動自転車事業部として、2011年にeバイク分野に参入したそうです。高い技術力だけでなくスマートなデザインも高く評価されていて、GOOD DESIGN AWARD 2017も受賞しているようです。確かにデザインだけでなく、フロント、リア共にサスペンションがあって、ミニベロの弱点である路面からの入力もやわらげるのではないかと思います。これがいいな・・・と思いましたが、お、お値段が税抜き185000円。同じ台湾のジャイアントはあんなにもお安いのになぜ?(笑)。

値段もさることながら・・・事業歴の浅さから品質が懸念されます。私はね。問題ないという口コミやブログも拝見しましたが、まだ生産工場を立ち上げて10年なわけですよね。それに評価されている方は自転車が趣味の方が多いので、恋は盲目・・・の可能性もある(笑)。国産メーカーの生産技術や生産管理を見てきている私には、どうしても信頼性に欠けてしまう・・・ような気がします。外国産のバイクやクルマが、いまだにそうであるように。例えるなら、フェラーリはF1でトップになる技術はあるけど、市販車の耐久性はトヨタの比ではないのです。実用的に使う自転車だし、そして税込20万円以上もする訳だし・・・私にとっては大きな買い物なので冒険は出来ませんな。

で、実用性もあり、それでいて少しスポーティ、そして国内大手メーカーで選ぶ・・・私の結論はこうなりました。

ダイアモンドフレームがステキなパナソニックのベロスターミニにしました。すでに発注させていただいております。いろいろな角度から考えましたが、最終的にヤマハのPAS CITY-Xにしなかったのは、外装の7段ギアがあるのと、ダイアモンドフレームのデザインが最終的な決め手でした。私はおっさんだからか、ベスビーのいまどきのデザインより、古典的なダイヤモンドフレームのがカッコよく思えてしまいます。電動アシストなんだから7段ギアは要らない・・・は一理あるのですが、電動アシストに頼り切っているのは、エクササイズの目的からは外れてしまうので、私は登り坂をアシストしてもらう程度の意味合いで乗ろうと考えています。

購入したのはいいのですが、一つ問題があるのです。我が家のガレージはすでに満車でございます。そこで、たいへん心残りでもありましたが、カブは手放すことにしました。4年間という私にしては長いお付き合いでした。V7も考えたのですが、カブの方が自転車と使用目的がかぶるのでカブにした次第です。一緒に北海道も走ったから思い出深く寂しいですが・・・永遠ってのはありませんから、このタイミングでいったんお別れです。しかし、少し先にはなるだろうけど、いずれはカブに乗ろうと考えています。

とうとう再び自転車を購入してしまいました。自転車は何が面白いのかと言うと、ライダーの力量が走りに反映するからではないだろうか。それはバイク(motorcycle)にも通ずるものがあると思う。現在クルマを運転する大半の人は実用性を重視されているからなのか、自動運転を望む声が大きいが、それ・・・乗りたいですか(笑)。技術を習得し、自分でコントロールするところに面白さがあるんでしょ・・・私はそう思います。カーボンニュートラルのお陰もあって電動化になり、クルマはスマホのようになって行くんだとか。つまんねえー世の中になるもんだ(笑)。そんなに楽をしたいのに、運動不足だからってスポーツジムに通うとか・・・もうわけがわからない。歩いたり、自転車乗ったり、バスや電車でいいんじゃないの。

自転車は超初心者ではあるけれど、当面の目標は湯布院までの往復です。往復で55㎞くらいだから距離は大したことはありませんが、標高が一番高いところで781mまで登ります。これが一つの壁で、これを超えられれば、さらに距離を延ばせるのではないかと考えています。壁を超えるの楽しみだなぁ。かなりハァハァしてしまい、脚がパンパンになりそうですね。自分でも驚きましたが、意外にもドMなんでしょうか。いやぁーいい趣味が見つかりました(笑)。

投稿を作成しました 132

自分専用の電動アシスト自転車を購入」への4件のフィードバック

  1. いい趣味が増えて良かったですね。
    電動であってもバイクと違って体を使いますから健康にもいいしお酒も美味しく飲めるし絶対いいと思いますよ。
    移動速度が遅いからバイクじゃ見えない景色も発見したりして楽しめますからね。
    長距離だと帰りにバッテリーが切れたりしてただの筋トレになったりしますがそれはそれで面白いのでぜひやってみて下さい。

    1. 電動アシスト自転車って、そんなにも楽じゃないですよね。外国製のは知りませんが、国内メーカーのは思ったよりも自転車です(笑)。おっしゃる通り、運動してるからランチもハイカロリーでも気にならないし、お酒もなぜか美味しいのですよね。飲んでも運動したから大丈夫って気になるし(笑)。
      若い頃と違って中高年になると、人によって体形に大きく差が出ますよね。長生きはしたくありませんが、体形は現状維持をしたいので、たまさんの筋トレ的な意味合いのエクササイズ要素を含めて長続きさせよう・・・するつもりです(笑)。

  2. E~ですネー。 ママチャリ以上、ロード以下でスポーティな7速ですからエコモードが多用出来そうですね。アシスト無しのママチャリ程度の重量ですから走り出し以外はコマメなギヤ選択で地形によってはバッテリー100kmは行けそうですね。 サドルもコンフォートタイプなのでロングライドの難点の尻の痛みは軽減されると思います。 このタイプであれば バイクと違い サドル高さを合わせた後 ポジション調整に ハンドルステムを多少上下させて ハンドルバーを手首の負担の無い向きにして持ち替えないでブレーキ出来るレバー位置にして 上半身の最もリラックスできる所にするだけで 雲泥の違いが出ます。安全のため 小さくてもベルと右のミラーを付けることをお勧めします。 我が家MTB以外は全車ミラー装着済み(タンデムの後ろのハンドルにも)。ベルは使い回しです。 街乗り以上の時は グローブ(指切り)、カスク程度でもヘルメットも推奨します。 

    1. いろいろ悩んだのですが、我ながら無難な自転車にしてしまいました。おっしゃる通りで、エコモードのこまめなギアチェンジの方が操る楽しさがあるのではないかと思った次第です。
      まずはMACさん並みの体力づくりを地味に頑張り(笑)、自信がついたところでカスタムも考えたいと思います。それでもミラーくらいは付けようかな。自転車でもないと不便ですよね。
      将来的にはアシストなしの、クロスバイクもいいなぁ・・・と考えています。長続きすればですが(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る