別大国道サイクリング

私は老後の趣味の一つに、電動アシスト自転車でのサイクリングを考えております。そんな折に鉄オタのスーツさんという人気のあるyoutuberの方が、東海道をママチャリの電動アシスト自転車で旅をしているではありませんか。特別な自転車ではなく、ママチャリでも出来るんだ・・・刺激を受けてしまいました。中山道の妻籠宿から馬籠宿を歩いたり、熊野古道も歩いたりもした、にわか旧街道好きな私としては素直にやってみたい・・・と思い、まず手始めに別府から大分駅周辺まで電動自転車で行ってみることにしました。スーツさんは大学生で私は53歳ですが(笑)。俳優の火野 正平さん(御年71歳)も、いまだに自転車で旅をしていますから私にもきっと出来るはず(笑)。

大分駅までの距離は約13.2㎞です。えっ?楽勝すぎる?・・・いやいや、それだって往復で26.4㎞。初心者ならこんなものではないですか(笑)。しかし、問題が一つあります。我が家には電動アシスト自転車は一台しかありません。そこで私の自転車は

おおいたサイクルシェアを利用することにしました。安易な考えで電動アシスト自転車をもう一台購入して、箪笥の肥やしになってはもったいないので(笑)。こちらは携帯電話のdocomoが運営していて、スマホのアプリをダウンロードして登録すれば、docomoユーザーであれば携帯の料金と一緒に請求来るので、とっても便利です。

10:00ちょいすぎに出発して、まずは歩いてサイクルポートへ自転車を取りに行きます。

予約すると番号が与えられ、それで開錠をしてスタートです。料金は1回会員で登録し、30分まで165円で以後延長30分毎110円かかります。

予約番号を入力すれば開錠してスタートです。とっても簡単でした。

ヤマハ製の3段変速の自転車でした。

我が家の高級自転車と違ってスピードメーターもありました。一日使ってみてスピードメーターは便利でしたので、我が家の高級自転車にも欲しいですね。

別大国道と呼ばれる道は、R10の別府と大分を結ぶ海岸線の道路で、片側3車線の車道と大きな歩道と自転車道があるのです。

別府ってここから見るときれいな街なんですよね。イタリアのナポリに似ています。

11:10には大分側に到着することが出来ました。けっこう頑張って漕いだなぁ・・・と思っても、速度は18㎞/h程度なんですよね(笑)。

市街地に入ったら、最短距離を走らずに小道をてれてれ走り、大分駅付近のサイクルポートに自転車を一旦返却します。ランチを食べたり街をぶらぶらするので、借りっぱなしだと料金が加算されてしまうので。節約でございます。

ランチは前から行ってみたかったけど、アーケード街にあったのでめんどうくさくて行かなかったこちらにいたしました。

五車堂さんです。

昭和47年・・・老舗っていうほどではありませんな(笑)。メニューはこちら

これだけ運動しているから、「なにを食っても平気だろう」ってことで、五車堂ランチと

えびカレーをいただきました。ボリューミーでハイオク満タンって感じです。

その老舗のお味は・・・懐かしい味がしますな。私が子供の頃は、駅前のレストランにあったような味ですね。東京では姿が消えていったこういうお店が、地方ではまだ頑張っているのですよね。私は好きだし、とても美味しいと思います。特にカレーついては、今でも普通に通用する美味しさではないかと思います。これは美味しいです。☆4つですね。本当は5つの美味しさなのですが、ボリュームは少しダウンした方が宜しいかと思います。私でも多いと感じたし、半分くらい残して店を後にした方もいたので、食品ロスの観点から量は見直した方が良いのではないでしょうか。

食後は大分府内城跡の見学に行ってみましたが

コロナの影響で入場不可でした。近くにあったフランシスコ・ザビエル様を拝見して

大分銀行の赤レンガ館にも行ってみました。

「東京駅なども手掛けた辰野金吾氏による設計で国の登録有形文化財にも指定されています」だそうです。言われてみれば、なんとなく東京駅に似ている気もしますね。隣にある老舗百貨店であるトキハの本店にも立ち寄りました。

大分県でのトキハ本店は、東京でいうところの三越や高島屋に値する百貨店です。地方の老舗百貨店って残念な感じのところが多いのですが、トキハ本店は意外にも王道な高級百貨店でした。もちろん社会の底辺層である私は、見るだけで何も買っておりませんが(笑)。

トキハ本店の周辺にはお洒落な飲食店やブティックなどが立ち並び、東京の街を思い出しますね。

再び自転車を借りて、1㎞くらい離れたところにある老舗のパン屋さんに行ってみました。

以前は赤レンガ館のある通りで営業していた老舗のお店ならしいです。名物である甘酒饅頭を購入させていただきました。

そのお味は・・・すいません、私はスタンダードな饅頭にしか感じませんでした。寅さんで有名な柴又の草団子も、寅さん本人は映画の中でこう言っております。「特に美味いもんでもねぇーよ」・・・と(笑)。私も同感。

帰りは行きと同じ道ではつまらないので、西大分のサンフラワーフェリーの港付近を走りました。

こちらのフェリー港付近も小洒落たお店が多く、駐車場が満車でした。知らなかったなぁ。時間も14:45だからぼちぼち帰りますか。ここまで自電車のエンジンとも言える足はさほど疲れを感じませんでしたが、帰りは残念ながら向かい風ですよ。ちくしょー。それでも電動アシスト自転車なんですけれども(笑)。という訳で田ノ浦ビーチで一息入れました。

この田ノ浦ビーチは、クルマのオフ会みたいのやバイクが集まっているのが多いのです。なぜここで集まるのか理由は知りませんが。この日は気温が暖かかったからか、バイクがわんさかいらっしゃいました。で、いいおっさんの70~80年代の大型バイクが、かなりの爆音で出入りしておりました。私もライダーであるので、ひいき目にみてあげても・・・やっぱりうるさい上に、威圧感もあると思う。おまけに分煙が当たり前の時代なのに、バイク付近でタバコも吸っているし・・・。どういうスタイルでバイクに乗るかは個人の自由だと思います。しかし、規則を守れ・・・なんて言わないけど、排気音の音量は良識の範囲内にしようよ。爆音にしたところで「まぁステキ!」と思うのは仲間内の人だけだから(笑)。

いよいよ別府市街に入り、近くの温泉でも・・・と思い、予定していた温泉へ連絡すると予約でいっぱい。それなら今日は止めよう・・・と思っていたら、妻は「良い温泉があるんだよ。行ってみる?家の近くだし」そうですか、まぁ家の近くならいいか・・・これが間違いだった(笑)。立ち寄った温泉は、こちらの「いちのいで会館」というところなのですが

見てのとおり海からはけっこう高いところにあります。別府は坂の街だから平らなところは海岸沿いのみ。ですから家に帰るだけでも、普通の自転車ではかなりつらい。大分から我が家付近まででけっこう脚力を使い切っているというのに、それなのにいちのいで会館に向かうには

わかりますかね。ものすごーい激坂なんですよ。アシストフルパワーの1速で漕ぎましたが、私は息が上がりました。私は途中で一息入れましたが、妻は一気にいちのいで会館まで駆け上がりました。私の感想ではヤマハよりブリジストンの方がアシストが大きい気が・・・そういう事にしておきますか(笑)。

温泉のご利用はお一人様700円と少し高めでございますが

見てください。薄い白濁の素晴らしいお湯でした。泉質はナトリウム・塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)です。家からそう遠くないところにあるのに、こうも泉質が違うなんて・・・別府の温泉はやはりおもしろい。素晴らしいお湯ではございますが、マニアの方にはとてもおすすめですけれども、施設は露天風呂のみでシャワーや石鹸やシャンプーなどはありませんので、本当に浸かるのみとなります。おまけに脱衣所もキレイとは言えませんので、普通の人は覚悟が必要です(笑)。

それなりにつらかったけど、自転車・・・意外にも楽しいなぁ。それにしても、私に箱根越えが出来るのか?・・・ハードルが高い気がしますな(笑)。ああ見えてスーツさんは体力があるのですね。

私は内燃機関が終了とともに、おそらくバイク(motorcycle)に乗ることはない予定なので、今から体力づくりのためにもやっぱり自転車買おうかな。でもなぁ・・・今はしょっちゅう乗るとも思えないのですよね。でも、大分県にはそれなりにサイクリングロードもあるから走ってみたいなぁ。しかし、私の愛車のフリードプラスって、ミニバンなのに自転車積めないのですよね。うーん、迷うなぁ。

もう少しサイクルシェアで頑張ってから、再度検討することにしよう。

投稿を作成しました 123

別大国道サイクリング」への2件のフィードバック

  1. いいじゃないですか。 60までまだまだ有るので 今から少しづつでも漕ぎ始めれば 現在の当方を簡単に越えれますよ。 当方も数年のブランクから 緊急事態宣言からの乗り込みですから。
    シティーサイクルタイプでも スーパーカブ50程度の額までで 100kmオーバーのアシスト出来るモデルも多数出ています。 当方でも 100kmは厳しく 乗り込んでいた(MTBで山サイ)時期でも ロードでの富士山1周100kmはメロメロでしたが e-Bikeはそれを簡単に熟せるんですから。 ある程度出かけることを考慮すると ドカ座りでは絶対距離と時間がもったいないし早いタイミングで脚に来てしまいます。多少腕に体重を任せるシティーサイクルなら 登りも楽になるし 軽快に漕ぎ続けれます。  
    タンデム自転車で後ろに乗っている妻がちょうどアシスト自転車に乗っている感覚で漕いでいる状態だと思います。 体力が無くても ペダルとシューズがビンディングで留まっているので過去 葉山までの往復80kmを脚を回させたこともありましたが 上半身に多少寄せたポジションと座骨に合わせたサドルでどうにかなりました。 e-Bikeのタンデムでも出れば 2台買うより安いし トラブルも半減出来て良いのですが・・。

    1. 今回は距離にしてたぶん30㎞ちょいってところでしたが、自転車はなかなか楽しいですね。MACさんのような本格派の方に言うのも失礼な気がしますが(笑)。
      やっぱりママチャリは早いタイミングで脚に来ますか。でも今買うなら普段使いもしたいので、私はママチャリだと思います。日本って自転車が走りやすい環境ではないから、私は人が歩いていないならガンガン歩道も走りますし、交通量の多い幹線道路は避けております。最近のドライバーは道交法を全く覚えていないみたいだし、モラルもマナーも欠如している人が多いので。それを考えるとスポーツタイプって、歩道への段差でナイーブなホイールやタイヤがダメになってしまう気もするし、スピード出すところもないから、私には猫に小判な気がします(笑)。
      妻の高級電動アシスト自転車は、100%の充電で70㎞くらいは走りそうです。今回の30㎞で60%残りました。バッテリーを考えれば往復で50㎞程度ですか。やっぱりママチャリでのんびり流します(笑)。
      フリードプラスにママチャリが積めないのが残念でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る