車中泊 IN 大隅半島 後編

本土最南端の岬・・・というからには、ものすごいところであろう・・・と想像していましたが、大隅半島の中でそれなりの街である鹿屋市は意外にもどこにでもあるような普通の市街地だったので、あれ?なんだか地の果てに来ている感に欠ける・・・と感じました(笑)。私的にはあんまり房総半島と変わらない・・・気がします。

私は、北海道の根室や日本最東端の地の納沙布岬みたいな「さすが最東端。なんにもないよ」なんてのを期待していたので少々がっかり。佐多岬には朝の8:30に到着です。さほど混み合う観光地ではない思いますが、それでも密になるのを避けるために人が少ない時間帯を狙います。

駐車場から展望台までは遊歩道があります。距離は片道800mです。もちろんティニーと一緒に歩きます。

期待の展望台ですが

うーん・・・伊豆の石廊崎みたいな感じですな(笑)。

カメラのセルフタイマー用の台があったので、珍しくファミリーで撮ってみました。

秘境感は物足りませんが、記念の写真が撮れて良かった(笑)。往復で1.6㎞、その前に北緯31度線モニュメントまで往復で400m歩いたので合計2㎞程度歩きました。登り下りもあるからそれなりきついのですが・・・ティニーは最後の方がトボトボ歩きになりました。少し前には一緒に熊野古道(7㎞ぐらい)も歩いたのに・・・ティニーも年取ったなぁ。10歳を超えていますから仕方ありませんが・・・残りの時間を一緒に楽しもうな。

大隅半島ではランチのお店が限られるので、早めのランチか、あるいは次の目的地の雄川の滝かで迷いましたが、まだ10:00少し前なので、午前中に観光スポットに行く方が密を避けれると考え、雄川の滝に向かいました。この雄川の滝というのは「大河ドラマ西郷どんのオープニング映像で有名になった、癒しのパワースポット雄川(おがわ)の滝。落差46m×幅60mで特徴的な岩肌を持つ滝と、澄んだエメラルドグリーンの幻想的な滝つぼ。」だそうです。

しかし、駐車場から片道1.2㎞の遊歩道を歩かねばなりません。ティニー行けるかな・・・と、後ろの席をのぞいたら、すでに爆睡中でした(笑)。たぶん無理なので、ティニーをフリードの中に残し二人で行ってまいりました。わりとアップダウンがある遊歩道なので、そこそこの体力が必要かと思います。私たちは佐多岬の2㎞のあとでも全然平気です。普段からクルマの利用を減らし、毎日2Kmのウォーキング(通勤とも言う)をしていますから。

某国営放送で採用されるだけあって、絶景でございますな。頑張って歩く価値はあると思います。ちなみにクルマで行ける展望所もありますが、滝がちょろっと見えるだけなので、これは歩いて見に行ったほうがよろしいかと思います。

遊歩道を歩く前に、人気のあるお店にランチの予約を入れるために電話をすると「満席です」とあっけない返事。むむむ・・・さてどうしたものか?と思案しながら県道に出たら、観光施設の看板が出てるじゃないですか。もうこれでいいじゃん・・・ってことで

ねじめ温泉ネッピー館の中にあるレストラン雄川 さんでいただく事にしました。ちょうど12:00くらいでしたが、三連休にもかかわらず待たずに入れました。他にあんまり食事出来るところもないし・・・あまり期待出来ないだろうと、この時まではそう思いました。

オーダーは悩みましたが、天ぷらとねじめ黄金カンパチ刺身定食と

あら炊き定食にいたしました。

温泉施設に入っているレストランなのでさほど期待しておりませんでしたが、失礼を承知で申し上げますが・・・意外にも美味しいです。特に刺身定食はただのカンパチではなく黄金カンパチなだけあって、新鮮でコリコリ感もあり味が濃厚でした。さらに、こういうレストランの天ぷらが美味しかった思い出がないのですが、こちらのお店のはサクッと揚がっていてすごく美味しい。野菜が新鮮だからなおさらなんでしょうけど、プロの料理人の味でした。それと比べてしまうと、あら炊きの味付けは普通な感じがしますが、それでも魚が新鮮だからだと思いますが臭みが一切がなく、魚が苦手な私でさえ美味しいと感じました。☆5つ。人気のレストランで・・・温泉施設のレストランとは思えないレベルで、お値段も含めて満足度高し(笑)。ただし、私が店を出る頃にはかなり待っている方がいたので、早めのランチが吉だと思います。

ランチの後は、R448で志布志湾側に出て海岸線を走りながら

串間方面を目指します。途中で立ち寄った海岸もキレイでした。

さすが南国ですね。別府に移住した時に大分県の澄んだ海に感動しましたが、その大分県よりも断然キレイでした。志布志市街も千葉あたりにありそうな普通の街なんですね。鹿児島といったらこれを食べないといけませんね。

本当は鹿児島市の

こちらのお店でいただきたいところですが、今回は方向が違うのでカップアイスにいたしました。全国どこでも食べれますが、鹿児島で食べると一味違います(笑)。

串間には、串間温泉のいこいの里さんで温泉に入るために寄りました。17:00少し前に到着です。

宿泊も出来る施設です。ご利用はお一人様500円で、このキレイな施設にしてはお安いお値段ではないでしょうか。

泉質はナトリウム=炭酸水素塩泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)で、無色透明ですが、こちらもヌルヌル感たっぷりの素晴らしいお湯です。たぶん源泉かけ流しではないと思いますが、この利用者も多いし、浴槽も広いので消毒している方が安心です。こちらは一般的な日帰り施設に近く、シャンプーやボディソープもあります。私は清潔感あるのでおすすめです。

時間も18:00を回ったので、車中泊先の道の駅に移動します。今回はこちらの道の駅にしました。

私は19:00ぐらいに到着しましたが、その時点では車中泊は私を含めて3台でした。そして皆さんやはりソーシャルディスタンス。ここは宮崎県になりますが、夜でも15℃はあったと思います。別府に移住したての頃、同じ時期に宮崎県の道の駅日向で車中泊した時は、凍死するかと思うくらい寒かったのですが、同じ宮崎県でもここまで南下すると別世界でした。近くで西武ライオンズがキャンプしているみたいですが、確かにこれだけ暖かければ快適だと思います。やはり宮崎県は南国でした。ただし、宮崎市より南に限定ですけどね。

この道の駅なんごうを選んだ理由の一つに、近くのホテルで朝風呂が入れる情報があったのですが、現在コロナ対策で日帰りは受付していませんでした。そうきたか、ここにトラップがあったか(笑)・・・しかし、車中泊の私にとって朝風呂は、単に温泉に浸かるのが目的だけではなく、身支度を整えるためにも必要不可欠。し、仕方ない、昨夜入った串間温泉いこいの里が朝7:00から営業しているので、そちらに戻ることにしました。次の目的地も近いしね。

最後の目的地は、宮崎県の都井岬です。この温泉からクルマで30分くらいで着きます。ですから8:30には現地入り(笑)。こちらはバイク雑誌でも取り上げられるような有名観光スポットですので。

野生の馬がいる岬・・・そんなところが日本にあるのかよ?と初めは耳を疑いましたが、元々はやはり飼育していたそうで、今も都井岬に入るにはゲートでクルマは400円、バイクは100円が必要で、人の介入は少ないものの・・・現実にはそれなりに管理しております。そりゃそうだよね(笑)。

都井岬は佐多岬より絶景ですな(笑)。北海道を彷彿とさせます。

馬もいらっしゃいました。

道路を歩いている馬もいるのですよ。バイクだとちょっと怖いかも(笑)。そして間近で見るここの馬は、そこらへんの牧場などでよく見る一般的な馬より小さいです。昔の日本人って小さかったから、このくらいの大きさでないと乗れませんよね(笑)。かなりおすすめスポットです・・・が、相手の馬は野生の動物ですから、それなりに危険なので爆音バイクで暴走行為はやめましょう。そして阿蘇の草千里と同様で、残念ながらペットは禁止です。

都井岬からのR488は通行止めの箇所があるらしいので、またもや串間市経由で大きく迂回してR220に出ました。日南市街に10:40に着き、11:00の開店を待ってこちらでランチにいたしました。

チェルシーさんです。こちらの方面は海鮮ものが多いのですが、締めは洋食にしました。私は基本洋食派ですので(笑)。

チェルシーさんは、コロナ感染対策が徹底しておりました。感染対策は飲食店で大きな差があるように感じます。国が規制をかけるのも必要ですが、飲食店もお客まかせではなく、飲食店側も徹底した対策を取り、時にはお客に注意を促す事も必要なのではないかと思います。私たち以外に誰もおりませんでしたが(笑)。オーダーは

宮崎産合挽き肉のハンバーグ定食1300円と

宮崎産豚ロース肉のしょうが焼き定食1100円にいたしました。お味の方ですが、両方とも美味しいですよ。ハンバーグの方は、素材も良いのだろうけど、オリジナルのデミグラスソースがハンバーグを引き立たせております。また、豚汁の肉なしのようなお味噌汁もとても美味しいです。もう一品のしょうが焼きは、濃厚な味付けに柔らかい豚肉と玉ねぎが合う。これも美味しすぎる。☆5つ。少々お値段が高く、ボリューミーではないけれども、こういうお店って、なかなかありそうでないと思います。それに今は

「5つの小」や、マスクをしての会食ならしい・・・(笑)。やはり感染症対策を行って頑張っている飲食店は応援したいです。

時間もまだ早いので、東九州自動車道の無料区間が始まる延岡までR220で向かいます。途中で

道の駅フェニックスに寄りましたが、素晴らしい絶景ですな。すごい賑わっておりました。

やはり、バイクもたくさんいらっしゃいました。これだけ暖かければ、バイクは最高ですよね。私も暖かいので

宮崎県といえばマンゴーなので、マンゴーのソフトクリームをいただきました。が、マンゴーの味が強くて、ソフトクリーム感がないなぁ。これは・・・少し残念(笑)。

今回も無事故、無違反で無事帰宅しました。私も旅行が好きです。しかし、GO TOの事業はコロナは収束していないのに誤解を生み、それにより感染が拡大したのも事実でしょう。大分県もいままで1人とか3人とかしかいなかったのに、今や10人を超える日も出てきていますから、これは素直に認めるべきである。おかげで対岸の火事ではなくなりました。ですから、緊急事態宣言をするしないは置いておいたとしても、とりあえずGO TO事業はさっさと止めるべきだと私は思う。経済効果もこれで意味がなくなったし、本当に税金の無駄使いだから。

過去にもペストなどのウィルスが人類を脅かしてきました。しかし、医療が今ほど発達していなかったにもかかわらす、生き残った人々はいるわけです。これは事実です。最終的には、個人の衛生管理と免疫力がなによりも重要になるのです。そこを再度見直して、旅行に行くなら体調を整えた上で、密を避け、人と接するにはマスクの着用、こまめな手洗い、充分な睡眠を取るなどの感染症対策をしていれば問題ないと思います。私はね。

新薬が出来るまで続くわけですから、当面いままで通りの生活には戻りません。倫理観のある人ならば、これは曲げられない現実であろう。古い考えを捨て新しい生活様式を受け入れ、各自が感染を広げないように意識しながら、その中の出来る範囲で楽しみを見つけていけばいいと私は思います。

投稿を作成しました 132

車中泊 IN 大隅半島 後編」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様でした。
    予約制の次は温泉の日帰り受付でしたか。面白いですよね想定外って。
    あの絶望感と虚無感から復活するためのフル回転とドキドキ感は引きこもってちゃ味わえませんからね。
    しかも妻達は解決するのが当然てな顔してるし。

    しかし好きですよね、想定外が。

    1. 私の場合はわりと日常的に起こってしまうので(笑)、最近はあまり気にならなくなりました。
      さらに私の場合は、神様が必ず罠を仕掛けてきますので「この程度じゃめげないぜ!」とはね返しております。

      いつでもかかって来い!と・・・そう考えないとやってられません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る