阿蘇の地獄温泉

2015年にヤマハのBOLTを購入し、BOLT用に購入したクリアキンのシーシーバーバッグですが

長年使っていたので愛着もあり、壊れかけていたのですが、だましだまし使っておりました。しかし、とうとうもう無理な領域まで壊れてしまいました。

先週の高千穂が最後の役目となりました。なので、前回のツーリングの後半は半分カバンが開いたままでした(笑)。で、今後のV7の積載問題がいきなり浮上しました。またツーリングバッグを使うのは取り付けるのがめんどくさいし、雨が降ったら養生しないとなりません。なら、箱か。箱ならカブで使っているアイリス箱が便利だから、もうそれでいいじゃん・・・と思いました、が・・・しかし、しかしなぁ・・・いくらなんでも貧乏臭い気がします。いや、事実貧乏で社会の底辺層なのだから問題ない・・・確かにそうなんだけど、それでもこちらを購入してしまいました。

ヘプコ&ベッカーのGobiにです。しかも贅沢にもデラックスです。ヘプコ&ベッカージャパンでデラックスを購入するなら、スタンダード品と3000円の差があるのに、Amazon様で購入するとなぜか同じ値段なのでした(笑)。しかもAmazon様だと税込み37681円と、これまたなぜか激安。だから贅沢ではありません(笑)。そして私は元々ヘプコ&ベッカーさんのキャリアを付けていたので、アタッチメントは不要です。

アドベンチャー系向けバイクが似合うGobiですが、意外にもクラシックバイクにも似合う気がします。えっ?合ってない?それでもいいんですよ。私はアイリス箱みたいに、四角の箱の方が詰め込みやすい気がしますから。それに容量は42ℓですが、箱の上にもバーが付いているので、箱の上に荷物を乗せる場合も固定しやすい。まぁ・・・ロングツーリングに行く予定はありませんけどね(笑)。

購入したら取り付けて走ってみたいと思うのがライダーの性。それじゃーどこ行こうかな?・・・で、またもや阿蘇に行ってみました。なぜなら、もう少し後だと寒くて行けそうにないから(笑)。出発は9:20と気温が上がってからで、湯布院まではいつもの県道11号を駆け上り、やまなみハイウェイはまだ寒いだろうし、きっと混んでいるだろうから、R210→R387で、途中からファームロードを走ってみました。

ファームロードは舗装が荒れ気味で道幅もなく、あんまり楽しい道ではありませんね。R212に出て阿蘇市街へ向かいます。

頂上付近のススキが秋を感じさせます。R212をグリグリ下り、県道110号でランチのお店に向かいます。

ちょうど12:00に到着したお店はこちら

彦しゃん さんです。とってもライダーに人気があるみたいですね(笑)。何台も停まっていました。ただ、駐車場は砂利なので気をつけてくださいね。私の目の前でZ900RSのライダーが立ちごけしていましたので。

人気のお店で、12:30には売り切れならしく閉店になっていました(笑)。オーダーは人気のある定食のこちら

タン定食と

ホルモン定食です。期待のお味は・・・濃い味ではありますが、人気のわりには意外にも王道な味ですな。濃い味だからご飯もすすむし美味しいとは思います。ただね、味に多少はオリジナル性を感じるものの、東京の下町にもありそうな感じですね。☆4つ。お値段も激安だし、地元の人には珍しく人気もある・・・とは思いますが、もう少し熊本らしさ・・・みたいのがあっても良かったと思います。私はね。

続いてはこちらも期待の地獄温泉へ向かいます。阿蘇駅の駅前から県道111号で草千里方面に向かい、

途中から県道298号で下ります。地獄温泉へは狭い林道みたいな道が続きます。ここを当たり前のようにど真ん中で突っ込んでくる輩は、いったいどういう思考回路しているのだろう。私以外と事故を起こして、免許がなくなる事を祈るばかりです。

地獄温泉はかなりの山の中にありました。

これまた駐車場が砂利で怖ぇー。特にここの砂利は浮いていて怖い。

地獄温泉 清風荘さんです。清風荘さんは「2016年4月の震災の被害を受けて復旧に向けて動いておりましたが、さらに2ヶ月後の2016年6月に土石流の被害を受け、明治時代からの佇まいを備えた建物をはじめ8割が壊滅的な被害をうけ、地獄温泉の長い歴史が止まってしまいました」らしいのです。なので、現代風にお洒落に生まれ変わった・・・模様ですね。個人的には、

歴史があって泉質がセールポイントなら、元のこちらの方が風情があって良いような・・・気がするなぁ。私は歴史を感じるようにリバイバルした方が・・・と感じました。

地獄温泉は、露天風呂の「すずめの湯」が人気で、たぶん足元に泥があるような温泉なんでしょう。しかし、すずめの湯は1200円もするし、水着も必要です(湯浴み着レンタルも400円であります)。そして私はこの手の温泉が、衛生的な面であまり好きになれません。おそらく問題ないとは思うのだけど、どうしてもに・・・受け入れにくい(笑)。妻には「入りたきゃ一人で行け」と優しい言葉をかけたのですが

新しく出来た元の湯とたまご湯でいいとの事ですので、リーズナブルにお一人様600円で済みました(笑)。

高級リゾートホテルみたいにお洒落な感じですよ。泉質は単純酸性温泉(低張性酸性高温泉)で、白濁で若干硫黄の匂いが漂います。間違えなく良いお湯なんですが、群馬の草津温泉と同じく酸性なので、草津並みに濃厚な温泉と思いきや・・・とっても薄味ですな(笑)。うーん・・・ちょっと期待はずれだったなぁ。今振り返ると、群馬の草津温泉って凄いお湯でしたね。久々に入ってみたいです。私は地獄温泉なら、別府の明礬温泉も酸性硫化水素泉だし・・・明礬温泉の方が好みかな(笑)。

帰り道はやまなみハイウェイで帰ろうとも思いましたが、いつも同じなので広域農道でR265に出ました。

途中でライダーの方が、阿蘇山が見えるところでコスモスと一緒に自分のバイクを撮っていたので、私も真似してみました(笑)。

そしてR265は景観が良いだけでなく、走るには面白いなぁ。

ハイパワーなバイクなら、速度が乗りすぎて危ないですな。V7で良かった(笑)。自制心があればいいだけですが。時間も15:40を回ったので、後は長湯温泉経由でブッ飛ばして帰りました。ここから90㎞ぐらいありましたが、途中で休憩しても18:15着でした。2時間35分・・・まずまずのタイムですね(笑)。

このところ調子の良かったV7ですが、またもや例の異音がかなり出てきました。実は少し前から気になって・・・今回もいろいろ考えながら走りましたが、これはノッキングではないだろうか?・・・その可能性が高い。私はノッキングというと、出だしや意図的に高いギアを使った時のアノ音を想像していましたが、それとは違う、高温・高圧の混合気の中を衝撃波が通過することにより混合気が着火する、デトネーションではないだろうか。

そして理由は過度なリーンバーンによるもの・・・ではないだろうか。それだと理にかなう気がします。私が新車で購入したスポーツスター883も、日本に輸入される車両はリーンバーンで、本国仕様に比較するとパワーがないと言われて、ブチ回すとこのカンカン音も出ていましたから。V7がたまに治まるのは、おそらくECUがおバカで、たまにリッチになってしまう事があるから・・・ではないだろうか。そう、簡単に言うとECUの出来が悪い・・・あるいは私のECUは不良品の可能性が高い。ECUもイタリア製だから、ものすごく説得力がある(笑)。ドカティのST-4もECUを取り替えたら、すごく調子良くなったし。しかし、それならばプラグの表面が異常になっているはずである。次の日、早速プラグをチェックしてみました。

あれ?どう見ても普通なんだけど。それじゃー右側だけかな。

あれれ?・・・普通だな。むしろ良い感じなんじゃないの(笑)。もう4000㎞近く走っているのに。

そうなんですよ。デトネーション現象が出ているなら、プラグがこんな状態ではない・・・と思う。やっぱりわからんなぁ。治まっている時はすごく気持ちいいフィーリングだから、出来ればなんとかしたい。やっぱりRAPID BIKE EASYを装着すべきなのか。しかし、直らなかったら?・・・販売店もノッキングには触れていないし、効果についても「全ての車両に当てはまる物では御座いません」と断言しているし、おまけに「製品は車検対応をお約束したものではありません」とも書いてある。3万円もするので、試してみるにはお値段がちょっとお高いなぁ。

中にはECUのアップデート?あるいは書き換えをしている方もいます。もしそうしないと壊れるなら、個人的には「ユーザーなめてんのか」と感じます。だってそうでしょ。百歩譲って無料ならわかりますよ。パソコンやスマホみたいに。またカーナビの地図なら仕方ないと思いますよ。ですが、カーナビは更新しなくても、新しい道を通らず遠回りするだけで普通に使えます。「ノイズは問題ないから気にするな」なら仕方ないと思います。しかし、日本で販売するために過度なリーンバーン設定をした、そのクソみたいなECUおかげでデトネーションが起きているなら、それはリコールの域だろう。

ただね、プラグを外した時、ちょっとゆるかったと思うのですよ。そんなつもりに締めた覚えはないのだけど。だから、だからひょっとしたら、それが原因・・・まずないよね(笑)。

ノッキングの原因には、カーボンの付着、スロットルボディの汚れもあるから、再びフェールワン立て続けに2本ぶち込んでみますか。これでまたしばらく様子をみよう。貧乏臭い対策で申し訳ありません(笑)。

投稿を作成しました 91

阿蘇の地獄温泉」への4件のフィードバック

  1. こんばんは。
    リアケース、でかいですね!
    真横から見た画像なんか、重い荷物入れたらウィリーしそう!(しないって)
    キャリア部分はケースの前半分くらいしか無さそうですが、強度は大丈夫なのでしょうか。
    奥様用にバックレストは購入されなかったのかな?
    あ、これで奥様が後ろに寄りかかったら、ますますウィリー!(しないって)
    カタカタ音、また気になるようになってきたのですね。
    私がいつも見ているV7Ⅱに乗っている何人かのブログを読んでも、
    この音について書いている人は見掛けません。
    お乗りになっている個体の問題なのか、V7Ⅱ全体の問題なのか・・・
    なお、RAPID BIKE EASYはダイヤルで燃調を可変できるので、
    車検の時は戻しておけばOKのようです。
    ご覧になっているかもしませんが、こちらで詳しく解説しています。

    http://dgcompany.blog95.fc2.com/blog-entry-887.html

    1. デカいですか(笑)。42ℓだからヘルメットが2個入る箱からみれば、やや小さいはずなんですが(笑)。
      キャリアの強度的には問題ないはずです。私のキャリアは同じヘプコ&ベッカー社製で、そもそもがトップケースを取付用ですから。
      https://www.peitzmeier.jp/pai/MotoGuzziV7Classic.html
      このトップケースも38ℓだから、写真の撮り方の問題かも(笑)。

      異音の件は、たぶんECUの問題じゃないかと思います。私のが不良品なだけかもしれません。
      ただ、私のもそうですが、顕著に現れるのは3000rpmからです。ですから3000rpm以下で走っているとあまり気になりません。これは883の時も同じ。タッタッタと走っている時は気になりませんが、お山で高回転までブチ回すとカンカン鳴っていました。ハーレーユーザーは低回転で乗る人がほとんどだから、気になる人はいない感じでした。
      私は田舎で生活していますから、おそらく皆さんより高回転まで回しているかもしれません。で、883の時より音がデカいし、出たりでなかったりムラがあります。でも、プラグを見る限りでは不調とは思えません。
      ひょっとしたら、私のはやっぱりハズレなのかもね。

  2. 地獄温泉再開してましたか。良かった~。懐かしいな~。
    私の温泉人生の始まりがそこだったんですよ。
    入り口の滝の写ってる写真あるじゃないですか、その橋の下に3段の砂防ダムみたいなのがあるんですがそれ、私が高校1年の時にバイトで作業したやつなんです。あ~あ懐かしい。
    そん時の態度が認められたのかな? 友達2人も一緒に「卒業までただで入っていいよ」って言われたんです。
    それで大雪じゃなきゃ毎日バイクで入りに行ってました。
    あ~懐かしい。

    1. 高校生の時から温泉好きだったとは・・・たまさん、筋金入りだわ。私は温泉に興味も持ったのなんて・・・はて?いつだったかな(笑)。たぶん、ラリーで地方に行くようになってからなので20代後半からですよ。しかも、家の近くにこんなステキな温泉があるなんて・・・うらやましい限りです。
      ただこの泉質なら、現代風なお洒落な温泉ホテルより、歴史を大事にして欲しかった・・・と私は思いました。それにしても、阿蘇と九重はどこを走っても気持ちいい。これもうらやましい限りです。私の高校生の時は、頑張って奥多摩ですので(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る