車中泊 IN 菊池(熊本) 後編

車中泊は「道の駅水辺プラザかもと」にいたしました。

近くにティニー散歩スポットもあって、車中泊向きな道の駅です。だからなのか、車中泊組がたくさんいらっしゃいました。一晩中アイドリングしている車両もいなかったし、いままで車中泊した中でもマナーの良い方が多くてなによりでした。

昨日、熊本一美味しいパン屋さんのめるころ さんで買ったバンを、朝食にティニーと一緒にいただきました。やっぱり激ウマって感じではなく素朴な味がしますな。妻は美味しいと言っていましたが、ティニー的にはコンビニ菓子パンのように甘くないからいまいちな感じ・・・私と同意見のようです(笑)。私たちは安っぽいコンビニ菓子パンで充分だわ。

道の駅周辺をティニーと一緒に散歩して、朝風呂を入りに少し離れている平山温泉に向かいます。立ち寄ったのはこちら

平山温泉 元湯さんです。朝6:00から入れます。もともとは共同湯みたいでご利用はお一人様300円と激安です。

泉質はアルカリ性単純温泉で、無色透明ですがほんのり硫黄の匂いがして、強烈なヌルスベ感がある極上の素晴らしいお湯です。湯温もぬる湯で気持ちいい。しかも源泉かけ流し。この手のお湯は、別府付近にはない泉質ですね。

おまけに露天風呂まであります。300円でこれって・・・出血大サービスじゃないですか。ただ、シャンプーやボディソープはありませんので持参する必要があります。そして、この泉質だから人気があるのでしょう。朝7:30から入りましたがそれなりに多かった。たぶん夕方は混むんじゃないかな。

今日の予定は、熊本城の見学とランチに熊本名物の太平燕(タイピーエン)をいただきに、熊本市の中心部へ向かいます。途中に産直があったので、立ち寄って地元野菜とこちらも購入していただきました。

熊本の郷土菓子の「いきなり団子」です。開店と同時に産直のお店に入って買ったので、出来たてのホカホカでいただきましたが、ほぼさつま芋の味でした(笑)。関東にはない菓子ですね。個人的には団子とは呼ばないと思いますけど。

10:00すぎには熊本城に到着しました。2016年の熊本地震の影響で今もまだ修繕工事中ですね。もちろん復元された城ですけど、いままで見た城の中でもずいぶん立派なお城だと思います。

当時のままで残っていた石垣も修繕中です。当時と同じ石積で修復するそうなので、まだまだ時間がかかりそうですね。地元の方の熊本城に対する熱い思いが伝わります。

熊本市街には路面電車が走っております。私はなぜか路面電車が走る街が好きなんですよね。別府にも過去には走っていたそうなのですが、クルマ社会の影響で各地で姿を消しております。温暖化対策にもなるし、路面電車を利用して文化遺産として残して欲しいです。熊本の路面電車は、見た限りだとけっこう利用者が多いような気もしましたが。

さて、時間も11:00少し前です。開店の11:00少し前に、熊本名物の太平燕(タイピーエン)で有名なこちらのお店に行きました。

ちなみに太平燕(タイピーエン)とは、鶏ガラスープに野菜や魚介などの種類豊富な具材、ヘルシーな春雨が入った麺料理のことで、1934年の創業当時から定番料理の一つとして太平燕を提供していたのが紅蘭亭さんで、たいへん人気ならしいです。期待していたのですが・・・あれ?すでに待ち時間60分。開店したばかりでしょ。なにかの間違えかな?・・・と思い、店員に訊ねると「開店前から並んでいるので・・・」とのこと。あっそ、じゃーいいや(笑)。並ぶのが嫌なのもあるけど、私は密になるのは避けていますから。特に飲食店での密はありえないでしょ。

旅の最後は、妻が熊本は日本酒が美味しいので酒蔵に寄りたいとの要望があったので、来た道を戻ります。途中に中華レストランがあったので、そこでランチにしました。

熊本市北区植木町のまるみ さんです。なんで中華にしたかというと・・・やっぱりありましたよ、太平燕(タイピーエン)が(笑)。

オーダーは太平燕(タイピーエン)780円と、口コミが良かったちゃんぽん630円にしました。リーズナブルなお値段です。期待の太平燕(タイピーエン)のそのお味は・・・普通の春雨スープじゃん(笑)。春雨のスープなんだから当たり前なんだけど、どこにでもあるような味・・・そんな気がするなぁ。私はね。有名な紅蘭亭さんのは違うのかもしれませんが、それでも大きく変わらないでしょう。同じ熊本市内だし。並ばなくてよかった(笑)。口コミの良かったちゃんぽんは・・・普通のちゃんぽんですね。☆3つ。太平燕(タイピーエン)がなぜ名物になったのか?・・・熊本県の謎(笑)。

向かった酒蔵は、山鹿市の先の和水町にある、花の香酒造さんです。

売店だけではなく、ちょっとしたギャラリーもありました。

家に帰ってからいただきました。

口当たりも良く華やかさもある味わいで、美味しい日本酒だと思います。ですが、私はやはり越後杜氏派だなぁ。新潟のお酒の味が好みだなぁ。このお酒なら、長野県の小野酒造店の「夜明け前」のが好きですな。好みの問題だと思いますが。

それじゃー帰りますか。それにしても、今回は適当にぶらぶらしただけでしたが、私らしいちょっとしたグルメ旅になりました。わりとB級な熊本を味わったと思います。まだまだ九州では、近場でも新しい発見があっておもしろい。また行こうな!ティニー(笑)。帰り道は、菊池渓谷を経由して再びやまなみハイウェイで帰りました。

大観峰付近は渋滞が発生するほどの交通量。さすが4連休。休憩の為に三愛レストハウスに立ち寄ると、バイカーの聖地阿蘇なだけあって、クシタニカフェは休業中にもかかわらずバイクの台数がものすごい。こちらもさすがの4連休(笑)。

それよりもっと驚いたのは、奥にあるキャンプ場。ものすごーい数のテント。いくら野外とはいえ・・・コロナ対策的にまずいんじゃないの。普通に考えて。そもそもキャンプって、静かな山の中で自然を満喫する遊びではないのか。バイクの爆音が響き、お隣さんは間近だから話し声はまるまる聞こえ、クソガキがワァーワァー騒いでいる・・・楽しいですか?キャンプ(笑)。

海外旅行、自転車、山登り、ランニング・・・etc、流されやすいよね。日本人って。いくら国がGo To トラベルといった政策を打ち出したにしても、この状況は・・・正気の沙汰とは思えない。10万円の給付金、不要だったマスク、そして今回のGo To トラベル等の見返りは、おそらく増税で我々に必ず跳ね返ってきますよ。って言いますか、日本人っていつからこんなに旅行好きになったのでしょうか?。私が子供の頃は、連休があるたびになにかに憑りつかれたように旅行なんてしていなかったはず。そもそもこんな企画がないと、観光にダメージ出る観光業のあり方に問題があると思いますが。

やっぱり、キャンプツーリングはこの流行りが終わってからにしよう(笑)。

投稿を作成しました 91

車中泊 IN 菊池(熊本) 後編」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様でした。
    太平燕(タイピーエン)? 熊本出身なのに全く知りませんでした。
    時代についていけるよう次回帰省時に食べてみましょう。
    日本酒は香り重視で出羽桜とかが好みです。
    通に言わせるとお子様の飲み物らしいんですが。

    1. あれ?そうなんですか。職場の人も「熊本なら太平燕(タイピーエン)だよね」と言っておりました。味については同意見でしたけど(笑)。
      熊本ラーメンと太平燕(タイピーエン)以外に、あんまりB級なグルメが少ないですね。ぜひ、ご実家のお近くのめるころさんも行ってみてくだいね。密に注意ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る