絶好調だぜV7

週末の土曜日は、週間天気予報が一変して晴れ・・・というより雨が降らない模様。タイヤも替えたばかりだからやっぱり走りたい。緊急事態宣言は全国的にも解除されたことだし、日田までお買い物ツーリングに行ってまいりました。一応県を跨ぐ移動でないし・・・って、おいおい、この前熊本県の菊陽まで行っていますよね(笑)。

10:00に出発し、県道11号で湯布院経由のR210のド定番ルートです。東京と違って、別府は朝晩の気温は冷え込みますが、10:00にもなれば25℃ぐらいで絶好のバイク日和。ですが

由布岳の標高の高いところで、ご覧の通りの19℃。九州の山でもまだメッシュウェアでは凍死します。

大々的に解除されているからか、交通量は元通りになっていますし、県を跨ぐ移動の自粛は続いているのだろうけど、九州ナンバー以外のクルマが続々と走っています。個人的には別に構わないと思いますが、ただ風邪の症状があるにもかかわらず、それでもなお外出するのは絶対やめるべきである。

先日、青信号の横断歩道を歩いていたらクラクションを鳴らされました。たぶん「邪魔だ、どけ」という意味でしょう。私は今年の9月で53歳になります。私の53年間の人生で、横断歩道を歩いていてクラクションを鳴らされたのは初めてでした。私は東京育ちだからか、道交法がどうであれ(もちろん歩行者優先です)歩行者が優先なのは、クルマを運転する者のモラルとして当たり前ではないのか。都内なら今でもそうだと思いますが、歩行者にクラクションを鳴らすなんて、かなりのアウトローな輩以外にいないと思います。しかし、私にクラクションを鳴らしたのは、いまどきのスバルのSUV系に乗った普通な感じの老人の男性でした。

昨今の交通事故のニュース、そして街で見かける運転は、かなり身勝手で倫理が欠如している運転をしている人が多く見られるようになりました。横文字大好き小池知事風に言うなら、自分ファーストなのだろう。コロナウィルス対策も含め、法律を遵守するだけでなくマナーやモラルを考え行動しよう。人間なんだから。

予定通り12:00にはランチのお店に着きました。

新しく替えたミラーは、改めて自分で調整し少し低めにしてみました。適当に選んだけど、ちょっとカッコイイかも(笑)。そして、タイヤを替えてから走りが気持ちいい。もう当初に起きたエンジンストールもない。アイドルも常に安定している。当然ハンチングも起きない。オイル選びは間違えてしまったが、プラグ、エアクリーナーの交換などの効果もあって、とうとう甦った(笑)。絶好調だぜV7。買った時からこうであって欲しかった(笑)。

日田駅の付近にあるランチのお店のひよし さんは、昭和の雰囲気が残っている、懐かしくてステキなお店です。

東京から地方へ移住したばかりの頃は、まだこういうレストランが残っているのに驚いたのですが、今や意識高い系の今流行りの味やファッショナブルな雰囲気が売りのレストランより、こういうレストランを応援したくなります。私も立派なおっさんになったものです(笑)。

オーダーは

ハンバーグスパゲッティ900円と

ハンバーグ定食950円にしました。お味の方は、とてもジャンキーに見えるハンバーグスパゲッティがなかなかの激ウマ(笑)。味はそこらへんで食べるミートソースのパスタなんだけど、鉄板で食べるハンバーグがジューシーでとても美味でした。そしてこの鉄板で食べるのが、お洒落なパスタって感じではなく、いかにもスパゲッティなところがB級好きにささります。それに対してハンバーグ定食は、美味しいけどなぜか全体的に普通な感じ。☆4つ。美味しいけど、もう少しお店の特徴が出れば・・・と思います。これくらいなら長野にもけっこう残っていますから。

日田に来た理由は、春から夏にかけてバイクで着れそうなジャケットを探しに、またもやワークマンプラスに遊びに行きました。

バイク専用ウェアって高いですよね。これなんて2900円ですよ。ウェブカタログでは良いなぁと思いましたが、ペラペラでちょっとバイクでは使えないんじゃないか・・・ないかと思います。まぁいいや。どうせ暇つぶしに来ただけなんだから(笑)。

ワークマンは空振りだったので、温泉にでも浸かって帰りますか。えっーこんな時に温泉なんて・・・思われると思うでしょうが、九州にはソーシャルディスタンス的にOKな、家族風呂がそこらじゅうにあるのです。最近は小池知事の影響でなんでも横文字にするのが流行っていますね(笑)。立ち寄ったのはこちら

せんらく温泉さんです。ご利用は岩風呂で50分1680円、檜風呂だと1800円でした。私たちはもちろん岩風呂(笑)。家族風呂ならお手頃なお値段ではないでしょうか。

お湯は完全入れ替え制になっており、とても衛生的でこういう時期でも安心です。泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)で無色透明で無味無臭で特徴に欠けますが、美人の湯ののぼりが出ているだけあって、トロっとした感じのでいいお湯でした。

帰り道もR210オンリーです。そのR210沿いにある以前から気になっていたこちらに寄ってみました。

竹やぶ さんです。大分県民は本当に鳥肉が好きだなぁ(笑)。お値段高めでしたが、から揚げを購入いたしました。早速家で食べてみたら、ここのから揚げ・・・とっても激ウマでした。

宇佐にある「からあげ太閤」より美味いと私は思う。ちなみに太閤さんは、日本唐揚協会主催のからあげグランプリで最高金賞受賞を受賞しておりますが(笑)。

我が家にV7スペシャルが来て9ヶ月、3000㎞ほど乗りました。そしてやっと自分なりの合格点が出るコンディションとなりました。改めてV7に乗って感じるのは、本当に私のツーリングに合うバイクだと思います。それは、今回のように田舎の国道をのんびり流しても楽しいバイクって、ありそうでなかなかないと私は思うからです。

自分がまだバイクとの付き合いがよくわからず、いいバイクだったのに手放してしまったハーレーのスポーツスターの883(2008年式のスタンダードモデル)

これもそういった、私にとってありそうでなかなかないバイクでした。今のスポーツスターは、ローダウンしているし、飾りすぎていて、私の好きだったスポーツスターではなくなりました。どこが良いかというと60~80㎞/hで走っても苦にならない。それどころか、そこそこ楽しい。60㎞/h以上は一般道では出せないから、もちろん空想の世界ですけどね(笑)。その後、スポーツ寄りなバイクにも乗りましたが、私には無用の長物でしたね。スピードを出さないと、イライラしてストレス堪りましたから。V7は883と似ていると私は感じます。

それは単に同じ鼓動感が売りのOHVエンジンなだけでなく、スタンダードなフォルム、扱い易いパワー、リラックスして乗れる乗車姿勢、そしてそこそこスポーティーなところ。で、私が883よりV7をさらに気に入っているのは、883よりホイールベースが短いし、キャスターも立っているから、旋回性が高く軽快性もある。おまけに軽い。そう、スポーツスターよりスポーツ性が高い(笑)。だから、ワインディングもトップスピードが90㎞/h程度で、3000rpm~4000rpmで流すなら(空想です)、コーナーでステップが接地することもないし(私はね)、これがたまらなく気持ちいい。これは日本のメーカーも挑戦しても良いと思うけどなぁ。けっこう需要があると思うけど・・・特にホンダさんGLの復活もアリではないでしょうか(笑)。水冷でもいいですよ。

その気に入っているV7にも問題があるのです。それはクラッチが辛い(笑)。その理由には思い当たるところがあります。鎖骨を骨折してから1年3ヶ月経過していますが、左手を知らず知らずのうちにかばっており、筋力がかなり低下したからだと思われます。やっぱり還暦までは大型バイクを乗っていたい・・・そこで再び筋トレを始めました。といっても、腕立て伏せ程度だけですが。

頑張りますよ。ライダー寿命の延命のために(笑)。

投稿を作成しました 88

絶好調だぜV7」への6件のフィードバック

  1. 東京のわんすけです。
    V7が無事復調して、しかもお身体に合ってそうなので、本当に良かったですね。ST4の経験があったからこそ、導き出せた答えかもですね(私も同じです 笑) 

    クラッチの重さは….設計上どうしようもない事が多いですが、私のBMW ’92 R100Rの例では、ワイヤーを新品にしてWD40をに上から下までしっかりと「注油」したら、以前に比べ30%くらい軽くなりました。高額な賭けではないので、試す価値はあると思います。Z900RSとか現行の国産車は油圧でもないのに、異様に軽いですね。

    横断歩道でクラクションとは、かなり勇気と自信あるご老人ですね。だって、相手が文句言ってきて、余計なトラブル(最悪殺人レベル)が起きるかもしれないといった予測ができるはずで、ましてや自身は体力ない老人だったら尚の事ですので、「タイミング悪く、肘が偶然ステアリングにあたって鳴っちゃった」と思いたいですね。私も、バイクで意図しない(操作ミス)クラクションを鳴らせた事が2回ほどあり、よりによって信号が青に変わるタイミングとかで、前のドライバーに申し訳ない気持ちになりました。そもそも、クラクションは法令上は、「危険を回避するため」以外は使用禁止を知らないドライバーが大多数でしょうね。

    1. それでもドカのST-4よりは軽いのですよ(笑)。イタリア車だからこんなもの・・・な気がしますなぁ。私の握力が強化できないときは、やってみますか。ワイヤー交換。
      最近のバイクはクラッチのスプリングが柔らかいのに、圧着力は従来のクラッチと変わらないとか。技術の進化を感じますね。ただ、大型バイクを乗るには、原付を乗るのと違って体力が必要なのは間違えありません。ライダー寿命を延命させるため少しだけ鍛えてみます(笑)。

      間違ってのクラクション・・・そうは思えないけど、そういう事も考えられますね。一応。わんすけさんも私と同様、東京生まれ東京育ちだから「そんな奴いるの?」と思うでしょうが、地方の運転マナー及びモラルは「ありえねぇーだろ」と叫びたくなります。教習所でなにを習ったのだろうか?試験場の筆記試験もパスしたのだろうか?かなりの謎。コロナよりこの対策のが先じゃないのか・・・と本気で思います。私は、免許更新時は全員筆記テストが必須、落ちたら取り消しにしてもらいたいです。

  2. ワークマンからぞくぞくとライダー用品が出てますね。
    膝パッド付きのメッシュパンツもあるようです。
    来年からバイク通勤になるので現物確認してみましょう。
    7月30日に帰省します。シーウェーブ別府も予約しました。
    都合よろしければGWのリベンジお願いします。

    1. 本当ですか。嬉しいなぁ。都合?予定なんかあるわけないから全然平気です。お待ちしております。

      ワークマンで靴下を買いましたが、過去最強な感じがします。アンダーウェアはユニクロ一辺倒でしたが、ユニクロは卒業すると思います。最近高いですし。福岡にワークマンの大きな店舗があるそうなので、もう少しコロナが終息したら出撃します。

  3. こんばんは。
    V7Ⅲのクラッチ、軽いですよ。
    バンディットから乗り換えて「ああ軽い~!楽だ~」と思いました。
    ただ久しぶりにワイヤー式なので、切れる心配だけはありますが。
    tomozoさんのV7は、V7Ⅱになるのですよね?
    最初のV7はクラッチが重くて、油圧式に交換したブログも見ました。
    VⅡまでは重かったのかな?
    まさか乗っているうちに重くなってくる?

    1. えっ、えっー本当ですか。でも、バンディットは重たいからなぁ(笑)。最近のドカも軽かったし、イタリア製も進化しましたね。
      たぶんクラッチが重いのはV7Ⅱまででしょう。V7Ⅲ・・・エンジンのギクシャクも解消され、クラッチも軽いとは・・・それだけでも新車で買う価値がありますね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る