今さらですがコカングーを検討

私の現在の愛車はホンダのフリードプラスです。購入してから約2年が過ぎようとしています。このクルマは実用性に富んでいます。移動をするための道具なら、いままでの歴代の愛車を振り返ってもNo.1でございます。日本で使うにはちょうどいいサイズ、パワーには若干がありますが我慢できるレベル、車中泊もこなす広い室内、それにもかかわらずレギュラーガソリンで約20㎞/ℓ走ります。合理的に考えれば、大家族じゃなければこれ以上のクルマはないと思います。フリードはさほど売れていませんが、ライバルのトヨタのシエンタは、今のモデルがもう長いのに、それでもなお今でも売れ続けているのがこれを裏付けていると思います。

それほど便利なのになぜ?となるのですが、運転は実に面白味に欠ける。市街地が主体ならそれも気にならないかもしれませんが、ワインディングは最悪。シフトプログラムが合ってないし、パドルシフトもないからギアの選択も自由にできないので、私はものすごーくストレスが溜まります。さらにコーナーリングは、進入速度をかなり抑えないと鼻先が入らないし、ラインのキープも難しい。私はね。さらにフリードだけかもしませんが、i-DCDはアクセルペダルに対しての反応がワンテンポ遅い。これも地味にイライラする。

で、レガシィのツーリングワゴンなんかを候補にあげてたのですが、我が家のガレージはフリードでもスペース的に余裕はあまりない。そういうのもあって、最近は乗るのは週末だけだし(バイクシーズンなら乗らない週もある)、便利なのは確かなのでもうフリードでいいや・・・と、クルマ自体に興味もなくなっていましたが、

ちょとした事で、ベンツのW124をリメークしたクルマを売っているのを知りました。あ、あの名車のW124が新品同様(だと思う)で乗れるとは・・・ 頭をハンマーで殴られたぐらいの衝撃でした(笑)。久々に全財産をはたいても欲しい・・・と、心から思いました。が、残念ながらお値段が400万円もします。しかも25年落ちで。そしてお店が神奈川。貴方なら出せますか?400万円(笑)。

考えようによっては、完璧レストアしてあるカワサキのZIでも200万円は超えるから、当たり前と言えば普通のような気もしますが。しかし、私が知る限りでは、2000年前の欧州車は電装系がかなりヤバかったはずである。だから単純な部品の交換だけでは、抜本的な見直しにはなっていないのではないか・・・と思う。それでもお近くに住んでいるならチャレンジした・・・かもしれませんが(笑)、遠方の私には大きな賭け。パチンコさえやった事のない、賭け事を一切やらない私にはハードルが高すぎました(笑)。 そもそもサイズもレガシィと同じくらいだから、私のガレージにはちょっと厳しい面もありました。

結局またフリードの勝利か・・・と、あきらめていた矢先、なにを調べていたかもう忘れましたが、たまたま見たブログの、そのオーナーがルノーの現行モデルのカングーに乗っておりました。へぇ~カングーねぇ・・・悪くないかもねぇ。MTもあるし車中泊も出来そうだし・・・で、よくよく調べて行くと、コカングー(旧カングー)の方が、デカングー(現行カングー)より走りが良いらしいのです。軽いから当たり前と言えば当たり前ですけど、私はデザイン、サイズ、走り・・・で惹かれたのはコカングーでした。で、カーセンサーを閲覧してみたら、コカングーをリメイクしているお店があるじゃないですか。お値段は14年落ちにしては高いけど、許容範囲内だし、しかも博多じゃあーりませんか。

むむむ・・・とうとう来るべき時が来たな。で、早速連絡してみたら・・・あっけなくSOLD OUT(笑)。しかし「うちは本気でコカングーを作っている。ぜひ見て欲しい」と熱く語ってきました。私は外車の・・・というより、中古屋さんは全く信用出来ないんですよね(笑)。まぁ・・・買うクルマがある訳でもないし、半分冷やかしで見るだけ見てみるか・・・という訳で、博多まで行ってまいりました。

別府ICから目的地まで高速道路で行くと2970円もするので、朝8:00に出発し下道を走ります。時間がもったいないと言う人もいますが、その差は約1時間。私は1時間に3000円も払えないなぁ(笑)。私の時給より全然高いし(笑)。

11:30に付近に到着ました。いまから行っても悪いので、とりあえずランチをいただくとします。

本家 藤よしさんです。50年以上続いている老舗です。

店内は昭和の居酒屋さんそのもの。歴史を感じますね。オーダーしたのはこちら

名物の焼き鳥定食850円にしました。やきとり丼ってのは他でもあるけど、本物の焼き鳥にご飯と味噌汁ってあまりないのではないでしょうか(笑)。お味の方ですが、ビールじゃなくご飯でもなかなか合いますね。とても美味しい。私はレバーがダメなのでパスしましたが、砂肝とシロ(だと思う)は激ウマです。焼き加減に職人技を感じました。☆4つ。美味しいけど華やかさに欠けるし、もう一品光る皿が欲しい・・・と私は思います。

という事で、13:00にお店に行ってみました。

お店の名前はまだ伏せておきます。博多の方にはバレバレだと思いますが。社長さん自ら販売車両をクリーニングしていました。とりあえずコカングーを見せてもらいました。

リメイクしたコカングーの外装は完璧でした。中古の領域を超えていますね。そのクルマは真ん中で、手前のは仕入れしたクルマらしいのですが、一応すでに買い手がついているみたいです。その方がキャンセルすると私にもチャンスが回ってきます。

カングーは商用車だから装備はADバンに近い。ティニー(愛犬)に優しいスライドはついているけど、電動ではない。荷室は想像以上に狭く、車中泊するにはランクルの時と同様に工夫する必要がありますね。現代のクルマのフリードと比較すると、普通の人には良いところが見当たらないと思います(笑)。

最後に社長さんの好意で、彼が運転するコカングーに同乗させてもらいました。運転した訳ではないから何とも言えないですが、個人的には所有していたルノー5のようなフィーリングを期待していましたが、私の印象はK11マーチに似ているなぁ(笑)。

そして、たぶん私の好きだったグランドプント(FIAT)みたいな足の設定ではない・・・気がする。そもそも商用車なんだから・・・当たり前か(笑)。ただ彼がリメイクしたコカングーは、外車のしかもルノーの14年落ちとは思えませんなぁ。ショックを交換すれば完璧ならしいですが。

事前にネットでこちらのお店の口コミを拝見したところ、実は賛否両論がありました。で、個人的にもそうだろうと思います。批判的な意見はディーラーとの比較ですが、そこは少し違うと思いますよ。ここの社長さんはカーマニアなんですから。だからどうしてもマウント取っちゃうところがあるし、自分の考えが正義で、すべてがマニア目線の意見。これは多少は仕方ないと思うよ。マニアの性なんだから(笑)。それに対しディーラーは、ビジネスなんだから売れればなんでも良くて、売り上げがこそが正義。だからお客さんを持ち上げまくるセールストークも洗練しているから、失礼なことは言わないだけ 。なんでもいいから一人でも多くを顧客としたいだけ。この差でしょ。

私も同乗した時、「このクルマはショックが抜け気味なんですよ。わからないと思いますが」なんて言われました。私は4輪に関しては長年に渡り自動車競技に参加していたし、外車のカーマニア歴も長いんだけど(笑)。さらには「カングーは独特で整備にポイントがあってオイルフィルターの交換も出来ないと思いますよ」まで言われました。たかだかオイルの交換なのに、そんなはずないじゃん(笑) 。ネットで検索すれば、現実は皆さん普通にやってます。さらっと聞き流し、自分で判断すればいいだけです。かく言う私も、若いころはこれが出来なくてイラついた事数知れずですが(笑)。

それでも私に回せるクルマが出ればお願いします・・・と伝えて後にしました。私はマニアが嫌いじゃないんですよ(笑)。情熱もあるし、作ったクルマも丁寧な仕上げだったし、ショックが抜けているのがわかる感性も持っているから(笑)。

お店を出たのが15:00ぐらいでしたが、せっかくなので太宰府天満宮にも寄ってみました。

春節だからか中国語が飛び交っておりました。

私も名前を知ってたぐらいですので、てっきり大きな神社と思っていましたが、意外にも普通の規模で驚きました。それにしても菅原道真様は、なんでこんなにも崇められているんだろうか(笑)。無知で申し訳ありませんが、謎だわ。また太宰府周辺って、神奈川の鎌倉周辺と同じくらいの交通麻痺状態なんですね。恐らく今後クルマで近づくことはないと思います(笑)。

という訳で、乗り換えることになるだろう・・・と思います。フリードはこれはこれで別府移住にはものすごく役立ちましたし、必要でしたし、かなりの節約になったと思います。しかし、別府での暮らしは脱クルマ依存生活で、それも実現し週末だけの利用となり、しかもガレージも手に入れた今、私にとってクルマはもう嗜好品的な要素でいいのではないか・・・と考えるようになりました。嗜好品ですから、実用性はフリードの足元にも及ばない。それでも楽しいクルマに乗ることにしました。

問題は、いつコカングーが納車出来るのかが全くわからない事です(笑)。私のフリードは44000㎞も走っているから、査定の問題で50000㎞の壁は超えたくないんですよね。タイヤも終わりかけているし。早くして欲しいけど、あの感じからいって・・・だいぶ先になる予感(笑)。

投稿を作成しました 88

今さらですがコカングーを検討」への6件のフィードバック

  1. イイですネ~ 楽しい悩みが毎年のように現れて。 
    我が家にも20年近いラウムが有りますがイメージは近いかも? 
    仕事でカングーを見ていますが 外板、内装の関係で多少 車内は喧しい、ドアを閉めた時の音が懐かしいなど有る様ですが スズキハッスルの豪華バージョン以上と思えば楽しそうですネ。ショックと一緒にウレタンブッシュにすれば旋回性は理想(予想以上)に化けるのでは。
    当方 今まで新車を2台と買った中古(1台は友達から)2台と解体横取りのポンコツ数台しか自分の車にしたことが無いので羨ましです。
    残す人生 家内の車を運転するだけでしょう。 多分 免許返納まで趣味の車は購入しないと思います。 また エンジンを作り替えたり スワップしてまで作る気力も最近は無いですし そこはカブで楽しみましょう。

    1. スズキ ハッスルをググって吹き出しました(笑)。似ていますね。
      MACさん、私の唯一の趣味ですから(笑)。もうクルマに頼る生活でもないし、ガレージ保管なので、自分らしいの乗りたいのです。
      コカングーは、デザインが気に入りました。古典的な5MTと1.6ツインカムもおっさんの心がときめきます。自分でメンテも出来ないような、いまどきのクルマ興味ないんですよね。もちろん買えませんけどね(笑)。週末の買い出しと車中泊用だから、古い単純なクルマを自分でメンテしながボチボチやるのも、おっさんらしい趣味で自分に合ってます。
      そもそも私には、クルマやバイクはおもちゃですから(笑)。

  2. こんばんは。
    旧型カングー、いいなぁ~
    新型は凄く大きくなってしまったし可愛さが無いですよね。
    旧型の商業車然としているカッコや内装が好きです。
    カングー、欲しかったのですが、
    我が家はマンションなので背が高い車は立体駐車場に入りません。
    今は現行のインプレッサに乗っているのですが、
    何だか長年乗っていた古い車と比べるとスポーツカーのようなサスの硬さです。
    特にスバル車は硬いそうですが(スバリストが好むそうですね)
    83歳の父を乗せたら「この車、トラックみたいな乗り心地だ」って。(^^;)
    飛ばさない私は、一度で良いからフランス車の「猫足」に乗ってみたいです。
    (今はフランス車もドイツ車のような足になっているそうですが)

    1. いまさらで申し訳ありませんが、がたぱしゃさんのブログを拝見しました。すごいお仕事ですね。そして写真が私と違ってとてもキレイです。さすがです。見習ってみます。無理だと思いますが。
      私はスバルとBMWは運転する機会がたくさんあったのに、なぜか保有した事が一度もありません(笑)。なので現行インプレッサも乗った事がないのですが、そうなんですね。
      私もフランス車は最後がシトロエンのクサラでしたが、国産車と比較すればしっとりとした良い足でした。その前に乗っていたルノーのメガーヌはそうでもなかったので、猫足はクルマによる・・・気がします。イタリア、フランス車はスポーツモデルより廉価版のが面白い気が・・・私はします。がたはしゃさんのような趣味人は、必要以上にはまってしまう可能性があるので、乗るときはこころしてください(笑)。

  3. 友蔵さん 

    またまたご無沙汰しております。

    カングーとは友蔵さんらしい選択ですねー。うちの近くにルノーがあって(環八高井戸付近)、数年前DMがきて商談査定したらデカイ傘をもらえるからとそれに釣られて行って、現行型のカングーを試乗しました。印象は、まあ普通のクルマの気がするけど、どこかお洒落な人が乗るんだなーという感じで、アート系、花屋、デザイン、建築関係、三宅一生関係者の人が趣味と実用を兼ねた使い方をするのかなーと思いました。ファッションに拘りのある友蔵さんには丁度いいかも?ですね。私には….(笑)

    荷室も広いからいいかもと思いましたが、私の価値観からして新車価格マイナス100万くらいじゃないと買えないような。

    趣味性の強いクルマであるには間違いないですね。

    続編待ってます。
                   

    1. そうなんですよ。乗った事はないのですが、デカングーは普通な気がします。わんすけさん、外車はだいたいマイナス100万円が妥当です(笑)。BMWの3シリーズなんてマイナス200万円でちょうどじゃないですか。私はもうクルマも嗜好品で行きますから、フランス車らしいコカングーで行きたいと思っています。
      ちなみに、たまに全身ユニクロの時もある私はファッションに拘りなんてありませんよ(笑)。安心してください。続編をすぐにでも書きたいのですが、いつクルマ屋さんから連絡が来るんでしょう?(笑)。夏には乗れんのかな?気長に待ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る