スカイファームロード

雨つづきだった週末も、10月に入ったこの週末は晴れの予報。やっとV7の出番がやってまいりました。せっかく大型バイクを買ったことだし、以前カブで行った杖立温泉の時、ライダー達の走りスポットになっていた、スカイファームロードを走りに行ってみました。

10月に入ったのに、なぜか別府は暑い。長野だったらもうウィンターグローブでもおかしくないのに。誤解がないように言っておくと、こんなに暑いのは珍しいのだそうですが。

9:40ぐらいの出発時には別府の気温は25℃は超えていたと思いますので、長袖シャツの上にメッシュウェアで、いつもの県道11号を湯布院に向かって走りだしたのですが

別府ロープウェイを過ぎたあたりから、ひんやりした風が…温度は一気に20℃まで落ちました。山は意外にも寒かった(笑)。10月なんだから当たり前か。

スカイファームロードってのは、日田~熊本の小国までの広域農道(だと思う)なので、これまたいつもの道のR210で日田へ向かいます。

ひたすら平凡な田舎道を淡々と流すのですが、こういうシュチエーションもV7はライダーをイライラさせないんですよね。60㎞/h前後が苦痛じゃないってのは日本では重要な性能の一つです(笑)。日本の交通事情にぴったりだわV7。イタリア製ですけど。

日田ではランチをいただくので、11:40にこちらの萬天楼さんに到着です。

日田と言えば、九州では日田焼きそばというB級グルメがメジャーです。私もすでに有名どころの天龍さんでいただいた事があるので、もういいような気もしますが、「他はどうなんだろう」という興味本位と、醤油ラーメンが美味しいとの口コミがあったので来てみたのですが駐車場はガラガラ。やってしまったかも(笑)。

そう思いながら店内に入ったら、壁に素晴らしい説明が書いてありました。これはこだわりがあるお店ではないでしょうか。ちょっと期待出来るかも。

オーダーは目的の日田焼きそばの大盛りと

しょうゆラーメンセットにしました。

お味の方ですが、日田焼きそばは麺がパリッとして日田焼きそばらしさがあるものの、味は普通の焼きそばに近いですね。以前食べた天龍さんのが個性的な味でした。ほぼもやしでヘルシーだし(笑)。しょうゆラーメンセットは…申し訳ないけどまたもや微妙。Google様の口コミ数230件、☆3.7の高評価ですが。このラーメンの味は、私が若い頃にそこらじゅうにあったチェーン店の、京らーめん糸ぐるまさんに似ているなぁ。えっ?知らない?…そんなバカなと思ってググってみたら、かつてはどこの駅ビルにもあった気がしましたが

今は6店舗しかないんだとか。あの頃と違って今やラーメンは激戦ですからね。薄味の醤油味はお年寄りには評価されるかも知れませんが、人気があるラーメン屋さんはだいたいが味が濃いのが多いので、時代には勝てず生き残れなかったのでしょうか。

萬天楼さんは素材にはこだわりがあるんだろうけど、焼きそばもラーメンも無難すぎ…いや、平凡ですね。☆3つ。天龍さんくらいのインパクトがないと、B級グルメとは呼べない気がしますなぁ(笑)。

それじゃ行ってみますか。スカイファームロードへ。

入り口がわかりづらいのですが、一応案内の看板が出ています。で、スカイファームロードに入った途端「二輪の事故多し」「速度取り締まり重点路線」「二輪のはみ出し禁止(たぶんイエローラインでの追い越し禁止ではないかと思う)」の看板が連発します。伊豆スカイラインによくいる、自己中で小学校の道徳の授業を出ていないライダーが出没するルートなんでしょうか。

と思いきや、そういうライダーは見かけませんでしたね。たまたまかもしれませんが。この道は広域農道だから道路に土も出ているし、たまに道幅も狭くなるし、そしてグリグリ曲がるようなテクニカルなコースではないんですね。

まぁスカイファームだけあって、景観は良いとは思いましたけど

そんなにライダーに人気が出るコースなんでしょうか。道の幅、高低差、路面の状態を含めて、走るなら群馬県の裏榛名(県道28号)の方が10倍くらい気持ちいい…と、私は思いますが。私なんて新しいバイク買ったら、必ず行ってましたから。V7でも行きたいなぁ。

スカイファームロードは最終的にR387に出て終わり、その近くにカップルというレストランがあります。Google様の口コミ数229件、☆4.1の高評価のお店で前々から気になっていたので立ち寄りました。

その高評価の大半が、おっさんライダーのド定番であるソフトクリームです。

私もおっさんライダーの資格が充分ですので、恥ずかしげもなく堂々と購入しいただいてみました。

さぞかし美味いんだろう…と期待しましたが、私は別府の前に住んでいたのが八ヶ岳南麓で、その周辺にはたくさん美味しいソフトクリームがあったからか、美味しいには間違えありませんが、私なら☆4.1の高評価ではないなぁ。九州のソフトクリーム愛好家の皆さん、ぜひ北海道と信州で食べてみてくださいね(笑)。

カップルからR387を少し玖珠方面へ走ったところにあるせせらぎの湯に入っていきます。

こちらも前々から気になっておりました。

ご利用は大浴場ならお一人様400円。家族風呂は1500円からです。先週あか牛丼で贅沢をしましたので今回は節約の為大浴場にしました。うるせぇークソガキも居なかったので全然問題ありません。

泉質は単純温泉で無色透明で無味無臭。一見特徴のないお湯ですが、肌さわりはヌルスベ系でやわらかいお湯です。湯量も豊富ならしく源泉かけ流しで使っていて、ぬるい浴槽もあって気持ちいい。更衣室や浴室にもすのこが引いてあって、これも清潔な感じがして私的には高評価ですね。このR387はたくさんの温泉があるので、あえてここを選ぶ方は少ないのかもしれませんが、穴場なのか空いているしおすすめですよ。

ここからだと、いつもならR210に出て湯布院に出て帰るのですが、100均で買った握力トレーニングの効果が出たのか、左の手が余裕すぎます(笑)。ですので、やまなみハイウェイに向かいました。

県道680号で向かうのですが、途中から林道っぽくなります。

左の手が余裕すぎるので、この手の道でもこの間よりスピードがのってました(笑)。まぁV7にやっと少し慣れてきたかもしれませんね。

やまなみハイウェイに出たら、多いなぁー交通量が。おそーいレンタカーの後ろを眠気と戦いながら湯布院まで走り、湯布院を過ぎると県道11号は登坂車線付きになるのでV7のエンジンが唸ります。

考えてみると、裏榛名や軽井沢にあるR146みたいなところが日帰りツーリングコース圏内にはないなぁと思いましたが、ここがまさにそれですね(笑)。いまさらですが。

やっぱり別府は最高です。しかし、そのわりにはアマリングがZRXより残ってるなぁ(笑)。ZRXは寝かせるのも簡単だったし、寝かせても安定していたし、そこに醍醐味もあったのですが、V7はあまり寝かさなくても曲がる気がするんですよねぇ。気のせいでしょうか。

とりあえずクラッチは克服しました。クラッチが重い…と感じるライダーの皆さん、一番安上がりの対策は

やっぱりこれ。100円ですから(笑)。

投稿を作成しました 56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る