津久見 汐の音

4月20日の天気予報は晴れ。しかも5月中旬の陽気。なおかつ国営放送とGoogle様の予想気温は21~24℃…絶好のツーリング日和のはずでした。先週も裏切られたたばかりなのに、それでも予報を信じ薄着で出かてしまうのは、TVの恐ろしさ…と言いますか洗脳する威力を実感しました(笑)。この日の実際の気温は16℃~18℃でした。民間企業より給与が高いんだから、もう少し頑張ろうぜ。気象庁の皆さん。

我がタイカブは、純正タイヤが終了したのでタイヤ交換を行いました。

銘柄はダンロップのK888です。フロントが2.75-17でリアが3.00-17。前後とも純正よりワンサイズアップさせました。

選んだ理由は、クロスカブオーナーの口コミが良かったからですが、私のリサーチが甘く、JA10のクロスカブには普通に装着できるから問題ないと判断しましたが、私のリサーチが甘かった。JA10の普通のカブのフロントタイヤは70/90-17でリム幅1.4だから、クロスカブとはサイズが違いました。クロスカブのフロントタイヤは80/90-17でリム幅1.6だから前後輪同じなんですね。

それでもワンサイズのアップぐらい問題ない…と思いましたが、大型バイクと違い原二(原付二種)クラスはクリアランスが少ないので、リアはぎりぎり入りますが、フロントを正面から見て右側のフェンダー(内側のフロントフォークのカバー的存在の出っ張り)が少しだけ当たってしまいます。不思議な事に左側は当たりません。左右対称じゃないって…どういうこと?ホンダさん(笑)。

朝のティニー(愛犬)の散歩の時から寒いような気もしましたが、タイヤのフィーリングも確認したかったので 、気温が上がるのを待って少し遅めの10:00に出発しました。走ってみると予想以上に気温が低いことに気づきましたが、時すでに遅し。20℃超えを予想したメッシュのウェアとグローブ仇となり、先週に続き極寒のツーリングとなりました。それでも予報を信じていた私は、お昼には暑くなるはず…と思い津久見まで走りましたが、気温が上がる気配は皆無でした(笑)。

津久見まで走った目的はこちら

地元観光施設の中にあるレストランで汐の音さんです。ここのところ、山が多かったので海鮮ものをいただきに来ました。

オーダーはごまだれ丼(マグロとブリが半分づつ)870円と

ミックスフライ定食810円、ご飯お代わりOKです。

お味の方ですが、ごまだれ丼は魚が新鮮ってのもあると思いますが、魚の臭み感じられずとても美味しいと思います。私は高級寿司屋さんを除けば、この手の料理は単純に魚を切っただけだから、鮮度が命と思っておりました。

少し前ですが、佐伯市に海の市場というところがあり

店舗でお寿司などを買い、店内でイートイン出来るといった面白いお店があります。

確かに新鮮だしお寿司の身も大きくお得な感じはしますが、どう見てもスーパーで売っている刺身を、ただ単に酢飯に乗せただけ…で、食べてみても味はそのまんま。はたしてこれを料理(寿司として)呼べるのか?私はひじょうに疑問に感じました。たいへん人気のお店で待ちまで出来ますが。

それと比較すれば、今回の丼は料理として成り立っていると思います。新鮮なだけではありません。ミックスフライもマグロの竜田揚げやマグロのコロッケも美味で、ご飯がお代わりOKだしガッツリいただけて、そして揚げ方もバッチリ…そうか、こちらのお店は料理の腕がいいんですね(笑)。☆4つ。870円なら文句なし。東京なら間違えなく行列が出来ると思います。

せっかく津久見まで来たので、ライダーたる者のお約束として


岬の先端まで行ってみました。

のどかな海岸線

普通のワインディング

舗装林道っぽいところ

九州は有名ではないところでも、バイクを走らせるのが楽しい。交通量も少ないから、なお一層気持ちいい。この環境は信州より素晴らしいですよ。

先端に着くと対岸に保戸島が見えます。すぐそこなんだから橋を架ければ良いのに橋がありません。不思議です。ちなみに保戸島に行くフェリーは、津久見から出ているみたいで、ここからは泳いで行く他ありません(笑)。

時間が13:30になってしまい、この後に湯平温泉を予定していましたが、この半島で予想以上に時間を使ってしまったので、そのまま帰宅することにしました。

気温が低かったので、気力がなくった…が本当の理由ですが(笑)。

で、タイヤはどうだったか?と言いますと、純正のビジネスタイヤから比べれば比較にならないグリップと安定感が増します。コーナーリングもしっとりとした感じになったと思います。また、外径が大きくなるので、ハイギアードの効果があり、トップスピードが乗ります。その代償として、舗装林道の急勾配の登りのヘアピンが厳しくなりますが。あと乗り心地も良くなりますね。

ですが、次はたぶん純正サイズに戻そうと考えています。今のところ。理由は、外径が大きくなったのでサイドスタンドの傾きが大きくなるし、特にK888は標準リム幅を大きく乖離しているから、タイヤの良さが発揮出来ない恐れがあるからです。原二(原付二種)クラス のタイヤサイズの変更は、バイクに大きく影響が出るから標準サイズにした方がベターだと思います。

変な向上心を出して迷わないで、標準サイズにしておきましょう。カブにK888はお勧めしません。今のところ(笑)。

投稿を作成しました 32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る